【小学生の保護者向け】プログラミング教育って何?教材は?何年生から?

2020年度より大きく変わる子どもたちの学び。小学生の習い事としてもランクインするなど大人気のプログラミングですが、小学生のプログラミング教育スタートまで1年をきりました。

「プログラミング教育が始まる」と聞いたことがあっても、英語と違い移行期間もなく必修化されるため、これからどう変わっていくのか「全然イメージできていない!」という人も多いのではないでしょうか。

文部科学省でも「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」というサイトを開設し、プログラミング教育の目的や、すでに初めている小学校の取り組みをみることができますが、かなりのボリュームで挫折してしまいそうです。

そこで、
・プログラミング教育とは何なのか?
・プログラミング教育で学ぶのは「〇〇〇」

といった目的や基本内容だけでなく

・プログラミング教育で使う教材
・何年生からスタートするのか?週に何時間?

といった必修化に伴う授業の変化など、現役ママプログラマー&小学生の保護者の視点で、「最低限これだけは知っておきたい!」というポイント4つに絞って紹介します。

プログラミング教育とは何?

プログラミングとは、情報技術(IT)関係の特別なスキルといったイメージを持たれることが多いのですが、

・手順を決める
・やってみる
・うまくいかない原因をみつけ直す

というように「手順をふんで考える」習慣です。

これが、「プログラミング的思考」「論理的思考」です。また、この考え方そのものが、この先の超デジタル社会では、職業に関係なく、効率的な仕事をする上でも必要なものといわれています。

そのため、小学生のうちからこの考え方を体験し、ベースとなる部分を身に付けておこうというものです。

この記事では小学生のプログラミングについて紹介していますが、先に導入した中学生は、2021年度からさらに掘り下げた内容へと変わりますし、高校生であれば2022年から「情報I」という教科ができ、新しい大学入試制へも検討されています。

プログラミング教育で学ぶのは〇〇〇

小学校では、プログラム的な「考え方」を学びます。

つまり、プログラムが日常生活の中で利用されていることを単に理解するだけでなく、授業の中で「プログラミング的思考」を使うことで、より積極的に学びを深めるという形です。そのため、小学生では「教科」で評価されることはありません。

また「授業ではプログラムの書き方を学ぶのか?」といった疑問もよく聞かれますが、その答えは”NO”です。専門的なコードは書きません。

かわりに、「進む」「曲がる」「止まる」などの動作が書かれたパーツを組み合わせ、画面上のキャラクターを動かします。ゲーム感覚でできるので、小学生でもわかりやすく、世界でも多く使われている手法です。

プログラミング教育|どんな教材をいつから使うの?

プログラミングに用いる教材は学校により異なりますが、そののタイプを大きく分けるとパソコンやタブレットを利用する/しないの2種類にわけることができます。

パソコンやタブレットを使用しない学び

電力を利用しないことから「アンプラグド」とよばれることも。順序立てて考える手順や、規則的なルールを見けるなど「考え方が中心」になります。

パソコンやタブレットを利用する学び

一方でタブレットなどを使う学びですが、算数などの実際の授業を題材に、プログラミングを介して、手順を踏んだ考え方や試行錯誤の大切さなど、プログラムに必要なプロセスを楽しく経験できるようになっています。

教材は?授業とリンクした教材で先生にも負担も少なく

プログラミング教育に関する研修などを積極的におこなっていますが、指導する小学校の先生方もこうした取り組みは初めてです。

気軽に使える教材が欲しい・・・そんな現場の声に答えてくれるのが、プログラミング教育用に開発された学習教材です。

現在のところテーマ数が十分あるとは言えませんが、学習指導要領で例示された内容を中心に増えてきました。有名なところで言えば、オンライン型の「プログル」やベネッセの「プロアンズ」と呼ばれる教材などです。

こうした教材は、現場の先生方の意見も取り入れながら開発しているので、そのまま授業で利用できる部分も非常にメリットが大きいため、先生方の負担軽減という点からも自治体・学校単位で導入を検討しているところも多いようです。

何年生から?週に何コマ?などは学校による

学習指導要領などにもプログラムに関する指導学年やコマ数などの明記されていませんので、他の科目に組み込みながら学校の方針・判断で決めることが可能です。

ですが、プログラム教育のスタート期ということもあり、多くの学校では習指導要領に掲載されている小学校高学年の多角形、電気といった内容から順次スタートしていくものと考えられています。

今後は、教材で扱うテーマを充実させ、教材開発や指導案・手引書までとスタートにむけて準備を進めていくことになります。

小学校プログラミング教育のまとめ

必修化の発表から数年での導入されることもあり、急に出てきた感のあるプログラミング教育ですが、この先のプログラミング教育のイメージができたでしょうか。

小学生のプログラム教育は

・「考え方」を身につける
・「コード」は書かない

この2点がポイントになります。

また、学校の方針による違いはありますが、

・授業内容に特化した教材を利用しながら
・小学校高学年の算数・理科から取り組む

といった形で進んでいく学校が多いと予想できます。

新しいことばかりで正直びっくり!という方も多いかもしれませんが、難しいと思わずに、子ども達と一緒に大人も知識のアップデートしていきましょう。