小学校で必修化されるプログラミング教育、言語は教えてくれる?

 

小学校で必修化されることになった「プログラミング教育」。

実際にプログラミングでゲームやアプリを作るためにはプログラミング言語の習得が不可欠になってきます。

 

では、小学校で必修化されるプログラミング教育でも言語は教えてくれるのでしょうか?

今回は小学校でのプログラミング教育でプログラミング言語を教えてくれるのかどうかについて詳しく説明したいと思います。

小学校のプログラミング教育では言語は習わない

小学校でプログラミング教育が必修化されるということで

「プログラミング言語を教えてくれるのかな?」

「小学校でプログラミングを習ったら子どもでもアプリやゲームを作れるようになる?」

こんな風に考えている保護者の方もいるかもしれませんね。

しかし、小学校でプログラミング教育について多くの方が勘違いされている3つのことがあるんです。

 

小学校でのプログラミング教育における3つのよくある勘違い

小学校でのプログラミング教育必修化について、勘違いされていることが多い3つのことがあります。

 

・小学校で「プログラミング」という科目ができるわけではない

・小学校ではプログラミング言語は習わない

・小学校でプログラミングそのものを学ぶわけではない

 

それぞれの項目について詳しく説明していきたいと思います

 

小学校で「プログラミング」という科目はできない

小学校でプログラミング教育が必修化されるということで、国語や算数と同じように「プログラミング」という科目ができると思っている方もいるのではないでしょうか?

 

実は、プログラミング教育が必修化されるからといって「プログラミング」という科目が新たにできるわけではありません。

プログラミングだけを学ぶ授業時間が増えるのではなく、算数・音楽・社会など元からある教科の授業内でプログラミング的思考を学んでいくという形になります。

 

文部科学省によると、プログラミング必修化において学習指導要領に例示されている単元の中で実施する例として

 

・プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく場面(算数 第5学年)

・「情報化の進展と生活や社会の変化」を探究課題として学習する場面(総合的な学習の時間)

などを挙げています。

 

また、例示はされていないものの各教科の授業内で実施する例として

 

・様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習する場面(音楽 第3学年~第6学年)

・自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習する場面(家庭 第6学年)

 

などを挙げています。

 

しかしこれらはあくまで例なので、それぞれの学校である程度は自由に実施してください、ということになっています。

 

既存の授業内にプログラミングを取り込み、プログラミング的思考を身に着けていくことで論理的思考力や課題解決力を養っていくというのがプログラミング必修化の目的なのです。

 

参考:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引(第二版)」

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/11/06/1403162_02_1.pdf

 

小学校ではプログラミング言語は習わない

プログラミングという科目が新たにできるわけではないという説明で既に感づいている方もいるかもしれませんが、小学校ではプログラミング言語を教えてくれるわけではありません。

 

小学校でプログラミング教育が必修化されるということで「コーディングも学べるのでは?」と期待している保護者の方もいるかもしれませんが、実用的なスキルは学ばないのです。

 

 

小学校でプログラミングスキルそのものを学ぶわけではない

小学校ではプログラミング言語は習わないということは上記で説明済ですが、中にはScratchや micro:bitといった教育用プログラミング言語を学べるのでは?と考えている方もいるかもしれません。

 

しかし、小学校ではプログラミング的な考え方ができるようになることを目的としているので、教育用のプログラミング言語やプログラミングスキルそのものについては学ばないという小学校がほとんどのようです。

 

しかし全ての小学校で教育用プログラミング言語を学ばないというわけではなく、例えばscratchをプログラミング教育として取り入れている小学校もあります。

 

「基本的にはプログラミングスキルではなくプログラミング的思考を学ぶのが小学校でのプログラミング教育の目的」というように考えておくと良いでしょう。

 

 

どうして小学校でのプログラミング教育では言語を教えてくれないの?

では、プログラミングが必修化されるのにも関わらず、なぜ小学校では言語を教えてくれないのでしょうか?

 

小学校でプログラミング言語を学ばない理由

小学校でプログラミング言語を習わないのには、主に2つの理由が挙げられます。

 

・一番の目的は「プログラミング的思考を身に着けること」

・他教科の学習効率をアップすることも目的の一つ

 

それぞれの理由について、詳しく説明していきたいと思います。

 

一番の目的は「プログラミング的思考を身に着けること」

小学校におけるプログラミング必修化は、プログラミング言語を覚えることを目的としていません。

あくまで子どもがプログラミングに興味を持ち、プログラミング的思考を育て身に着けていくことを目的としています。

 

将来的にプログラミング言語を学んだりプログラミングスキルを身に着けたりするための準備段階として、小学校でプログラミング教育が必修化されたのだというわけなのですね。

 

他教科の学習効率をアップすることも目的の一つ

小学校でのプログラミング必修化では他の教科にプログラミングが取り入れられます。

このことは子どものプログラミング的思考を育むとともに、プログラミング的思考を身に着けることで他教科の学習効率をアップするということも目的の一つとして考えられているのです。

  

小学校での教育では教えてくれないプログラミング言語、どうやって学ぶ?

小学校ではプログラミング言語は学ばないですし、小学生のうちに無理に覚える必要もありませんが、「どうせならプログラミングスキルも身に着けてほしい!」と考える保護者の方もいるのではないでしょうか。

 

そこで小学生がプログラミング言語を学ぶ方法について、紹介したいと思います。

 

小学生には「ビジュアルプログラミング」がおすすめ

小学生には文字を使ったプログラミング言語はまだ難しいので、アイコンでプログラミング言語のスキルを学ぶことができる「ビジュアルプログラミング」がおすすめです。

 

特にパソコンにまだ慣れていない小学校低学年のお子さんの場合はキーボードでの入力自体も難しいですし、英語を母語としない日本人なので言語がアルファベットで表記されていることもハードルに感じるでしょう。

 

無理矢理にプログラミング言語を習得させようとして挫折してしまっては元も子もありませんよね。

 

そこで初めの一歩として、プログラミングに必要な要素をビジュアル化し、ドラッグ&ドロップの単純なマウス操作でプログラミングができるビジュアルプログラミングがおすすめなのです。

 

無料のアプリやサイトを利用する

家で簡単にビジュアルプログラミングを学ぶ方法として、まずはアプリやサイトを利用

てみてはいかがでしょうか?

 

ビジュアルプログラミングの中で最も有名なScratch(スクラッチ)は無料で利用できますし、一般的なプログラミング言語の考え方と似ているブロックタイプなので特におすすめです。

 

他にもViscuit(ビスケット)やCodeMonkey(コードモンキー)なども無料で利用できるので、入門編として試してみてはいかがですか?

 

Scratch(スクラッチ):https://scratch.mit.edu

Viscuit(ビスケット):https://www.viscuit.com/

CodeMonkey(コードモンキー):https://codemonkey.jp/

 

プログラミング教室を検討する

無料で利用できるアプリやサイトがあるとはいっても、分からないことがあった時に教えられるか心配、という方はプログラミング教室へ通うことを検討してみても良いでしょう。

 

プログラミング教室には大きく分けて

 

・プログラミング言語を学んでコーディングスキルを身に着けるための教室

・プログラミング言語は使わず、プログラミング思考を身に着けることを目的とした教室

 

この2種類があります。

 

どちらに通ってもプログラミン思考を身に着けることはできますが、「まずはプログラミングの下地作り」と考えるのであれば後者の教室が断然おすすめです。

 

実際にプログラミング言語を習得するのはとても大変で難しいことです。

辛いだけでは子どものやる気も出ませんし、それどころかプログラミング自体に拒絶反応を持ってしまうかもしれません。

 

まずは「プログラミングに興味を持つこと」が大切なので、子どもが楽しんで通い続けられるような教室を選びましょう。

 

気になる教室がイベントや無料体験講座を開催していたら、とりあえず参加してみてはいかがでしょうか。

 

小学校でのプログラミング教育、言語は無理に覚えなくても大丈夫!

今回は小学校のプログラミング教育で言語は教えてくれるのかどうかについて、その理由と併せて説明しました。

 

現段階で小学生が無理にプログラミング言語を習う必要はないので、焦ってプログラミング教室を探したり、アプリやサイトを利用させたりしなくても大丈夫です。

しかし、「プログラミングに興味を持つ」という意味で、まずはパソコンに触れることからはじめてみるとよいかもしれませんね。