いよいよ始まるプログラミング教育、親子で学べるおすすめ教材は?

 

プログラミング教育が始まりますが、何を学ぶの?、準備は必要?、学習はどうやってさせたらいい?、おすすめ教材を知りたい!などなど、親としては、疑問や不安でいっぱいですよね。

2020年度、小学校でプログラミング教育が必修化されます。

プログラミング教育といわれても、私たち親世代には経験がない馴染みが薄い分野であり、いざスタートを前に戸惑いを感じてしまいます。

必修化というけれど、その学習は学校や子ども任せにして良いものか、親自身はどの程度までの知識や技術が必要なのか、子どもにどのように学習をさせ、どのような準備をさせたら良いのかなど、プログラミング教育に対して何かと不安が多いです。 

親として、知っておきたいことは沢山ありますが、色々と検索してみても聞き慣れない言葉も多く、挫折してしまいます。

そこで、難しいことよりもまずすべき事に焦点をおき、考えてみることにしました。

プログラミング教育ではどのような教材を使って、具体的にどのようなことを学ぶのか、どのような準備を何から始めれば良いのか、どうせなら子どもと一緒に親子で学べるおすすめの教材や方法はないのかをまとめました。

 

プログラミング教育では、どんな教材を使って何を学ぶの?おすすめの学習法は?

 

プログラミング教育必修化へ

 ここで最初に3つことをおさえておきたいです。

・プログラミング教育が必修化されるからといって、「プログラミング」という新しい教科ができるわけではありません。
プログラミング教育は、算数や理科、総合的な学習など、すでにある教科の授業の中で実践されます。

・子どもたちが、難しいプログラミング言語やプログラミング技術を習得することが目的ではなく、プログラミングを体験することで「プログラミング的思考(論理的思考)」(物事には手順があり、手順を踏むことで、物事をうまく解決することができるという考え方)を育むことが目的とされます。

 

・プログラミング教育では、毎回パソコンやタブレットを使用して学習するわけではありません。
パソコンやタブレットなどlCT機器を使用する授業も想定はされているようですが、「アンプラグド」(下記で解説)といわれるICT機器を使用しないプログラミング教育もあるようです。

プログラミング教育必修化で小学校はどう変わる?疑問を徹底解説/みらいい | みらいい

「小学校でプログラミング教育必修化って何するの?」「プログラミング教育って何?」 と疑問に思うママさんたちは多いでしょう。 プログラミング教育って聞くからに難しそうですし、子どもがついていける内容なのか心配ですよね。 そこで今回は、小学校で行われるプログラミング教育に関する疑問 についてお答えしていきます。 「プログラミング教育必修化」 ...

 

どんな教材を使って学ぶのか

 プログラミング教育は、それ自体が教科ではないため、教科書や決まった教材があるわけではありません。

 それぞれの授業で、プログラミングを取り入れるねらいや学習内容などに応じて適切なものを選んで活用されます。

 小学校の授業で使用されるプログラミング教材には、大きく分けて3つのタイプがあるようです。

 

1.コンピューターを使用しないプログラミング(アンプラグド)

パソコンやタブレットなどを使わずに、カードやパズル、身体などを使って、プログラミング的思考やコンピューターの仕組み・特徴を考え、学びます。

 

2.ソフトを使用するプログラミング

パソコンやタブレットなどで、アプリケーションを使うプログラミングです。

具体的には、アイコンやブロックなど、視覚的な形を操作し、つなぎ合わせるなどで出来るプログラミングやテキストを入力するものがあります。

(無料のものから有料のものまであります。)

 

3.ハードを使用するプログラミング

ロボットなどの実物(ハード)をタブレットやコンピューターで操作して動かすプログラミングです。

 

プログラミング教育では、こういったプログラミングというツールを使って、何をどのようにつくり出したいのか、そのプロセスを考えることで「プログラミング的思考」を育みます。

 

プログラミングの学習法

 実際に学習を始めるにあたって、代表的な学習法は3つあるようです。

 

1.無料学習サイト

 プログラミングの学習サイトがあります。

 その中には、子どもが興味を持ちそうなゲーム感覚で学べるものがあります。

 中でも人気なのが以下のもののようです。

 ・Scratch(スクラッチ)

 ・プログラミン

 具体的には、自分で描いた絵を動かしたり、ゲームを作ったりできるので、遊び感覚でプログラミングを学ぶことができます。

 

2.プログラミング本

 プログラミングの学習本があります。

 子ども向けに、手を動かしながら学べるものもあり、飽きさせずに学ばせるのに良いかもしれません。

 上記の無料学習サイトScratch(スクラッチ)の書籍版もあるようです。

 

3.プログラミングスクール

 近年、増えつつあるプログラミングスクールに通ってプログラミングを学びます。

 ただスクールは、学校での「プログラミング的思考」を育む目的とは違い、「プログラミング」自体を学ぶことを目的としているようです。

 スクールとなると、費用もかかりますが、本格的にプログラミングを学びたいお子様にはよいかもしれません。

 

プログラミング教育、準備を始める為のおすすめの方法・教材はある?

 

プログラミング教育に向けての準備

 プログラミング教育が必修化とされた目的はプログラミング的思考」を育むことであり、何よりプログラミングに「興味を持ってもらうこと」が重要視されます。

 その為、絶対的に専用パソコンを準備しなければならないとか、プログラミングスクールに通わせなければならないということなどはなく、何かこれだけはすべきという特別なことはありません。

 ですが、そうはいっても何もしないというのは親として不安ですし、子どもは家庭学習で解らないことがあれば親に聞いてくるかもしれません。

 その為には、子どもの興味を削がないこと、子どもの学びたい・知りたいという知的好奇心に対して、可能な範囲内で必要なものをそろえてやること、親も一緒に学ぶ姿勢とプログラミング学習について多少の理解は必要になってくるかもしれません。

 

 

プログラミング教育の準備、何から始めたらよいか

 準備を始めるにあたり、子どもにプログラミングに「興味を持ってもらう」ことが大切となります。

 まずは、プログラミングの考え方に触れる機会」をつくることが必要になります。

 手軽に始められるものでは、無料学習サイトがあります。すぐに子ども専用のICT機器を準備するなどの必要はありませんが、子どもがWebサイトやアプリを使って学ぶなど、パソコンなどを使用しての学習に興味をもつことに備えて、スマートフォンやタブレットでも接続可能なWi-Fなど、インターネット環境を整えておくことは良いかもしれません。

 プログラミング本を読んでみることから始めてみるのも良いでしょう。

 ただ単にプログラミング本といってもかなりの量がありますので、初めてプログラミングに触れる場合は、難しいプログラミング言語の本ではなく「プログラミングとは?」が内容になっているプログラミング入門本を選んで読んでみるのが良いでしょう。(おすすめは下記で紹介)

 パソコンなどは触ったことはないけれど、触ってみることから始めたいお子様には、まずはキーボードやマウスの使い方に慣れていくことから始めてみて下さい。

 

教材の準備が必要?

 プログラミング教育に備えて、プログラミングの学習教材はさまざまあります。

 ですが、「プログラミング的思考」に触れさせる機会をつくる為には、必ずしも教材を用意しなくてはならないわけではありません。日常の生活の中でも、「プログラミング的思考」に触れる機会があります。

 例えば、料理です。何をどれだけ準備して、どういう手順で料理していくか、この料理を作るプロセスを考ことが「プログラミング的思考」になります。

 子どもに考えてもらいながら、一緒に料理をしてみるのも良いかもしれません。

 

親子で学べるおすすめプログラミング教材は?

 

 始めるならば、親子で一緒に始められれば手っ取り早いと思ってしまいますが、何を選べば良いか迷ってしまいます。

 親子で学べるプログラミングスクールもあるようなので、通ってみるというのも手かもしれません。

 ですが、まず始めるならば、空いた時間でさほどのお金をかけずに体験できるものの方が、迷いもなく始めやすいのではと思います。

 それにはやはりスマホなどでも手軽に始められる無料学習サイトです。

 

おすすめ無料学習サイト

・Scratch

 一番のおすすめは、入門書が多数書籍化されているScratchです。アプリと合わせて学ぶことができます。

 Scratchは、用意された命令ブロックを組み合わせることで、パズルのようにプログラミングを行い、自由にストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができるサイトです。

 

・ScratchJr

 ScratchJrは、Scratchをより易しくしたものです。

 幼児向けになりますが、Scratchでは難しいお子様には、こちらから始めてみると良いです。

 こちらも入門書があるので、合わせて学べます。

 

・NHK Eテレ 「Why!?プログラミング」

 プログラミング教育が必修化されるということで、NHKが教育放送で作成しているサイトで、Scratchの使い方を中心とした内容を無料配信しています。

 NHK Eテレの番組を元にしている為、大変解りやすく、始めるのにはおすすめです。

 

・プログラミン

 ジャンプや回転などといった命令を持った生物「プログラミン」を絵にドラックすることで絵が動き出す仕組みになっており、組み合わせ次第でさまざまな動きをさせることができます。

 こちらは文部科学省が子ども向けに提供しているサイトですので、試してみるのも良いかも知れません。

 

 いきなりアプリから始めるのはハードルが高いという場合は、プログラミング本を読んでみましょう。

 

おすすめプログラミング本

 プログラミング本はさまざまありますが、小学生のお子様とまず始めるのにおすすめしたいプログラミング入門絵本があります。

 

・ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

 ちょっと不思議なかわいい女の子「ルビィ」が主人公のお話で、ルビィが宝石を探す冒険に出ます。この冒険の中で、さまざまな課題をクリアしていくことでプログラミングを学べます。

 

・ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

 こちらは、ルビィがマウスと一緒にコンピューターの中に入り込むお話です。

 お話の中で、ルビィとマウスがハードウェアとソフトウェアの世界を駆け回ることでプログラミングを学びます。

 

 ルビィシリーズは、絵本なので幼稚に感じるかもしれません。

 ですが、こちらの絵本には、後半に「自分でやってみよう!」という練習問題があり、それを考えることで「プログラミング的思考」が鍛えられることにつながると考えられます。

 また、付録が付いていて、自分だけのコンピューターを組み立てられるようにもなっていて、コンピューターのハードウェアとソフトウェアの違いも学べます。

 難しい言葉や長い文章を読むよりは、楽しみながら学べるのではないかと思います。

 お値段は、1980円となっています。

 プログラミング学習を始めるのには、手頃なのではないでしょうか。

 

まとめ

 

 2020年より小学校でプログラミング教育が必修化されます。

 プログラミング教育は、プログラミング言語やプログラミング技術を習得することが目的ではなく、物事を論理的に考えるプログラミング的思考を育むことを目的とされています。

 その為、ICT機器を準備しなければならないなど、絶対的にやっておかなければならないという特別なことはありません。

 とはいっても、いざ始まるにあたり何もしないというのは不安です。

 プログラミング教育が始まるにあたり、学習や準備を始めるならば、まずは「プログラミングの考え方に触れる機会」をつくることが必要です。

 子どもの学習のサポートができるようになる為にも、親子で一緒に学べることが望ましいのではないでしょうか。

 気軽に始められるものに、無料学習サイトやプログラミング本があります。

 さまざまなものがありますので、お子様のレベルに合ったものを選んで始めてみると良いでしょう。