いよいよ開始される小学校でのプログラミング教育。必要性はあるの?


2020年からいよいよ小学校で「プログラミング教育」の導入が始まりますが、その具体的な内容はなかなか見えてきません。実際「小学生から教える必要があるの?」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。どんな授業になるのかわからないから見守る親もどうフォローすればいいのか不安ですよね。

そもそもプログラミング教育を小学校から導入する必要性があるのか?具体的にどんな授業になるのか?将来どのように活用されるのか?についてご紹介いたします。

小学校でプログラミング教育を行う必要性

そもそもプログラミング教育とは

全ての小学校でプログラミング教育が導入される2020年。みなさんはどのような授業風景が目に浮かびますか?

「プログラミング」という新しい教科が増え、子どもがタブレットやパソコンを使って機器の使い方や、プログラマーになれるようなプログラミング言語の授業を受ける、と思われた方も多いのではないでしょうか。

文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた団体のHP「未来の学び」https://miraino-manabi.jp/ の資料によると

プログラミング教育の目的はまず「プログラミング的思考」を育むことである、と記載されています。そうです、決してプログラミング言語を教えたり習得するものではないのです。

では目指す「プログラミング的思考」とは何でしょう?

それは問題解決(目的)のために論理的な考え方ができるようになること、なのですが、漠然としていますよね。一番身近でわかりやすい例えでいえば

・人数分の料理を材料揃え、下ごしらえから出来上がりまでを効率よく完成させること

でもあります。え?そんなに簡単なこと?と思われる例かもしれませんが、論理的に考えて動かなければ料理は短時間で効率よくは仕上がらないのです。

小学校でのプログラミング教育が必要になった背景

プログラミング教育を導入の大きな背景にはIT技術者の人材不足があります。経済産業省の発表では2030年には59万人も不足すると予想されていますし、単純な作業職業は人からAIに切り替わり、逆にそれを管理・生産する職業が増えるであろういわゆる「第4次産業革命」に対応するための国の方針でもあるのです。

文科省HPより

「➢コンピュータを理解し上手に活用していく力を身 に付けることは、あらゆる活動においてコンピュー タ等を活用することが求められるこれからの社会を 生きていく子供たちにとって、将来どのような職業 に就くとしても、極めて重要。」

小学校プログラミング教育の趣旨と 計画的な準備の必要性について(1)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/05/21/1417047_001.pdf

 

プログラミング教育によって育つ力とは

一番の目的である「プログラミング的思考」(問題を解決する論理的な考え方)を養うこと以外にも、その実施要領の中で他に自然と身につくのが「パソコンの操作技術」「プログラミング(簡単なコーディング)知識」「身の回りのIT技術への理解」「PCを使った表現力」といったところでしょう。

 

そして、実はもっと基本的に大事な力が身につくと考えられます。論理的に問題解決ができると言うことは、日常生活でも社会生活でも周りの人たちとの関係づくりにとても大事なスキルなのです。

 

プログラミング教育の学び方と環境の必要性

小学校でのプログラミング教育の内容

文部科学省が作成したプログラミング教育の概要は教育過程内が4つ、過程外が2つの大きく6つに分かれています。しかし具体的に方法が指示がされているわけではなく、環境もそれぞれ異なっていますので各学校で試行錯誤していくと思われます。

全国導入前に特定の小学校ですでに先行して実施された実例が既述の未来の学びHPに記載されています。「」はアプリ名

引用元:https://miraino-manabi.jp/example/a

・算数で多角形をプログラミングで描く「scratch」

・理科で電気を効率よく使うために制御プログラミングを体験する「MESH」

・総合的な学習時間で町の魅力発信「scratch」

 

プログラミング教育を行うための環境整備とは

 

プログラミング教育を行うにあたって大切なものの一つは環境整備です。ところが、学習用コンピュータは目標台数として3クラスに1クラス分(3.6台/人)とされているものの、2018年3月現在の実情は5.6人/台しかありません。まだ半分しか整備されていないのです。各教室の無線LAN整備率も目標より大幅に低い水準のまま2020年を迎えるのが現状なのです。

 

2019年3月発表:文科省の資料「教育のICT化に向けた環境整備5カ年計画(2018〜2022年度)」http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/04/12/1402839_1_1.pdf

プログラミング教育の必要性。将来どう活かせる?

小学生だからこそ入りやすいプログラミング教育

なぜ小学生から始めた方がいいのか、その理由の一つはすでに家庭にタブレットなどの機器が普及していて慣れていることもありますが、「まだ苦手意識が少ない」年頃だからこそプログラミングアプリを使っての授業にもスムーズに入れるのだとも言えます。言語学習もそうですが、少しでも早く習い始める方が習得が早いですよね。

プログラミング教育によって育った力が活かされる時

プログラミング教育によって得るであろう「パソコンスキル」や「論理的思考」は何もプログラマーやIT関連の仕事にだけ求められるものではありません。

すでにどんな職業でもパソコンスキルは必要になってきています。営業や事務の仕事でももちろんのこと、建築、美術や芸術のツールとして、公務員もパソコンが使えることは必須ですし、店舗の在庫管理やレジ業務でタブレットが使用されるところも増えています。

そして、大事なことは今後、どの職業でもパソコンスキルだけではない、プログラミング的思考ができる人材を求められるようになるということです。

どの職業でも求められるプログラミング思考とは

初めに、プログラミング的思考は身近な例では料理を手順良く作りあげることにも繋がっているとご紹介しました。それはもちろん料理人にもそのまま当てはまりますが、他の仕事の中でも

・問題が起こった際、分析と解決方法を模索できること

・問題が繰り返し起こっても解決に向けて取り組み続ける忍耐を持つこと

・人への指示を何をいつどうすればいいのか、具体的で簡潔な言葉で説明できること

ができるということであり、それはどの職業でも求められる思考の人材であると言えるのです。

おわりに

いよいよ小学校のプログラミング教育が始まりますが、まだ多くの学校では人的準備や環境整備が間に合っていない中での実施となります。それぞれの限られた環境の中ではありますが、子どもたちが「プログラミング的思考」という大きな糧を楽しみながら育んでいけるといいですね。