ママの疑問を解決!これから始まる小学生の「アクティブラーニング」を知ろう

戦後最大規模とも言われる2020年の教育改革。中でも小学校教育で新たに取り入れられる「アクティブラーニング」は新学習指導要領の目玉でもあり、大変注目を浴びています。しかし「アクティブラーニング」を経験してこなかった保護者の多くは「アクティブラーニングって何?」「どんな授業が始まるの?」といった疑問や不安を感じていることでしょう。ここでは、これから始まる小学生の「アクティブラーニング」についてわかりやすく解説していきます。

2020年から小学校で始まる「アクティブラーニング」とは?

「アクティブラーニング」というのは、授業(学習内容)のことではありません。「アクティブラーニング」とは学習手段の一つであり、子ども達が受け身で学習するのではなく、自ら進んで学んでいく能動的な学習の方法です。

従来の先生が授業で教えることをノートに書き写したり、覚えるといったスタイルではなく、子ども達がディスカッションをしたり、課題に取り組んで発表を行なうといった「自ら考える授業」へとスタイルが変化します。

なぜ小学生の授業で「アクティブラーニング」が必要なの?

それではなぜ今、「アクティブラーニング」が注目され推奨されているのでしょうか。以前から他の諸外国と比較し、日本の子ども達は消極的であることが指摘されてきました。グローバル化が進み多様化する価値観や技術革新が進歩する現代において、この弱点を克服し、国際社会で活躍する人材を育成するためには、教育や学習方法も変化させる必要があるのです。

繰り返しになりますが、これまでの日本では、テストに備え既存の情報や知識をインプットすることを重視した受け身の教育方法を採用してきました。しかしこれからの国際社会を生き抜いていくためにはその情報や知識をアウトプットし、新たな課題を見つけそれを解決する力や新しい知識を創造する力が欠かせません。

「アクティブラーニング」を取り入れることで、知識の活用力である「思考力・判断力・表現力」や主体性・多様性・協働性といった「人間力」が身に付くと言われています。これからの時代を生き抜く柔軟な対応力を持った人材の育成が期待できる学習方法が「アクティブラーニング」なのです。

「アクティブラーニング」の3つのポイント

なんとなく「アクティブラーニング」をイメージいただけたでしょうか。

実は、昨今の教育業界では、「アクティブラーニング」という言葉が独り歩きしている状態です。「アクティブラーニング」という言葉は多義的でわかりにくいという理由から、新学習指導要領では、「主体的・対話的で深い学び」という言葉に変更されました。言葉が入れ代っただけで中身や内容には違いはありません。こちらの表現の方が改訂されるポイントがよりわかりやすく伝わるかと思います。

重要なポイントは

①「主体的な学び」

②「対話的な学び」

③「深い学び」

3つです。

「アクティブラーニング」はこの3つのポイントを抑えて学ぶことを重要視しています。

「アクティブラーニング」の具体的な手法や手段とは?

それでは具体的にはどのような手法や手段を使って授業が展開されていくのか見ていきましょう。学習の内容やねらいに合わせて以下のような手法や手段が取り入れられます。

  • 発見学習・・・先生が教え込むのではなく、子どもが自ら問題を発見し、学び取れるよう導いてく学習方法。
  • 問題解決学習(PBL)・・・PBLとはProblem Based Learningの略語であり、子どもが自ら問題を発見し、解決する力を養う学習方法。
  • 体験学習・・・子どもが自然体験、ボランティア体験、職場体験などの直接体験を通して学ぶ学習方法。
  • 調査学習・・・②の問題解決学習(PBL)に「調査」の過程が加えられた学習方法。
  • グループ・ディスカッション・・・子ども達同士で討論をさせて、結果を導かせる学習方法。
  • ディベート・・・子ども達がある議題に対し討議する学習方法。
  • グループ・ワーク・・・子ども達同士でグループを作り、調査・討論・作業・発表などを行い、グループ活動をする際の思考や行動を身につける学習方法。

家庭でもできる「アクティブラーニング」

授業のスタイルが変わることで「家庭でも何か準備をしておくべきだろうか?」と思われた方も多いかもしれません。「アクティブラーニング」は家庭でも実践できます。

例えば子どもに何かを質問された際に、すぐに答えを教えるのではなく、まずは子どもに考えさせてみましょう。他にも子ども自身が興味を持てる物を発見できるよう、様々な体験をさせることや、学校で起こった出来事やテレビ番組を見た感想を話させるといった機会を与えることも大切です。

「アクティブラーニング」を実践する機会は日常生活にたくさん溢れています。「物事に興味を持ち、自分で考え、答えをだす」この繰り返しが「主体的・対話的で深い学び」となるでしょう。

 

おすすめの記事