今だから知っておきたい!小学生が英語を身につけるためのコツ①〜解説編〜

2011年から小学校で5、6年生を対象に必修化となった英語教育ですが、2020年からは5、6年生は本格的な「外国語」の教科となります。

と、いうことは?そうです!成績が評価され通知表に載ることになるんです!

そして3、4年生からは楽しく英語に慣れ親しむようにと「外国語活動」が導入されます。

小学校での英語教育が大きく変わります!

そこで、この記事では小学生が飽きずに英語の勉強を続けられるコツ、ポイントについて紹介したいと思います。

まずは英語に慣れ親しむ環境作りから始めましょう

英会話教室や、英語の塾などを習わせるという選択が確かに1番早いと思いますが…。
全く英語に触れたことのない子どもや、人数の多い英語教室は苦手だという子もいますよね。

まずは英語に興味を持ってもらうこと、子どもが自ら英語に毎日触れることから始めることが大切です。

つまり、英語の感覚を自然に身につけさせることがポイントなのです!
最初は自宅で小さいとき、小学校の低学年のうちから毎日少しずつ英語に触れさせます。

それは難しいことではありません、英語は日本語の国語と同じだと考えてみましょう!

私の子どもたちが通っている小学校では、小学1年生から国語の宿題で毎日「音読」があります、その「音読」を英語のアルファベットのABC~に変えて、国語の宿題が終わった流れで同じような感覚で「音読」をします。

毎日コツコツ続けることで、アルファベットを覚えていきます、それと同時に、ひらがな、漢字のドリルの宿題が終わった流れで、また同じように簡単なアルファベットを書く練習をすることを繰り返していきましょう。

毎日の積み重ねが大事ですが、子どもが乗り気じゃない場合は無理にやらせくても大丈夫です…、ママだってそんな気分になることありますもんね!

ただ今日はお休みするけど、明日は必ずやろうね!と約束することが継続するためには大切です。
私の娘は英語の単語をNHKのテレビ番組を見ながら覚えました、発音の仕方もわかりやすいようで、すぐに習得しましたよ!

今でも夕方に放送されると、テレビを見ながら一緒になって単語の発音のレッスンをしています。

「音読」には英語の絵本が簡単でオススメです、それからディズニーなどのDVDを、普段から英語音声で毎日30分ぐらい視聴するだけでも英語の感覚が身につく簡単な方法だと思います。

毎日たった10分からでも大丈夫ですから、焦らずに、子ども自身が楽しみながら英語の感覚を身につけられるように継続していくことが大切だと思います。

また英語を身につける第一歩として英語を聞くことは非常に重要なポイントとなります。
英語の歌や、決まった単語を低学年のうちから聞いて覚えることから始めてみください。

小学生が英語の勉強を継続するコツ

小学生は初めて経験することや、自分の興味のあることに対して新しい知識をたくさん吸収します。
また考え方も柔軟なため英語の勉強に対しても、どんどん吸収できる効果が期待できる時期でもあります。

けれども飽きっぽくて集中力が持たない…、 いくら興味があることでも長続きしなくて困った…、なんて経験ありますよね?
つまり飽きっぽいというのが、この時期の子どもの特徴です、そんな小学生に英語の勉強を継続してもらうには、「飽きさせない」ことが重要です。

それから、とっても大事なことですが「英語の勉強が嫌い」にならないように注意しましょう。
特にアルファベットを言えるようになったり、単語を覚えては使いたがります。

その英語が間違っていることも良くあるかと思いますが、決して「それは間違ってるよ」「これはダメ」と初めからダメ出しばかりすると子どもの学習意欲が失われてしまう可能性があります…。

ある程度は本人が興味を持ち、楽しんで使っている英語なら多少間違っていたとしても、その場は自由に使わせてあげることも飽きさせないためには必要です。

親のサポートが大切です

先ほども述べたように、小学生は飽きっぽいんです。
1人では集中力が続きません…、1人で勉強させるとサボります…、私の中学生の子どもがそうでした…。

今は小学2年生の娘に英語の勉強をさせていますが、やはり1人っきりになると集中できません。

だからといって私が英語を教えるということではありません、私も一緒になって単語を書いたり英語の絵本を読みあったり、歌を歌ったりして、娘の相手をしてあげるだけですが、毎日飽きずに英語の勉強をしています。

我が家で英語の勉強が継続している大事なポイントは時間なんです!
いくら私が一緒に勉強しても長い時間は飽きてしまいますから、我が家では学校から帰ってきて、その日の宿題と、英語の勉強を合わせて45分と決めています。

それから、娘が英語教室で覚えたばかりの英語の発音を自慢気に使ってきますが、笑顔で大げさなぐらい誉めてあげると、ものすごくモチベーションが上がるようです!
誉めて伸ばしてあげることは、英語教室の先生からのアドバイスです。

まとめ

小学生が英語を身につけるためのコツについて紹介しました。

小学生の英語学習で私なりに考えた大事なポイントは、

●英語に慣れ親しむことから、始めて毎日少しづつ継続することを心がけ、英語の感覚を身につけさせましょう

●小学生は学んだことを吸収する力を十分に持っていますが、一方で飽きっぽく集中力が続きません、まずは自分の好きなように楽しめる環境で勉強を継続できるようにしましょう

●小学生の子どもに1人で英語の勉強をさせていると集中力が持ちません、サポートする意味で親も一緒になって勉強してみましょう

あまり難しく考えるとママが悩んでしまいますよね…、まだ小学生なら今から焦らずゆっくり英語の勉強を始めても間に合いますよ。

そして何より大切なことは、お子さん自身が英語に対して興味を持ってもらうこと、そして英語を嫌いにならないことが1番大切だと思います。

上手に英語を身につけられるように習慣化できるように励ましながら、サポートしてあげましょう。