SDGsってなに?小学校での取り組みと身につく力

 

国際的な取り組みとして注目を集めつつあるSDGs。積極的に取り組む小学校も増えています。わたしたち大人のみならず、子どもにとっても重要な取り組みであるSDGs。そもそも、SDGsとは何でしょうか?小学校ではどうやって取り組むのでしょうか?

今回は、SDGsの基礎知識と小学校での取り組み、子どもに身につく力について解説します。

動画でも解説しておりますので、ぜひご覧ください!

 

SDGsってなに?小学校でも行うの?

 

SDGsとは

まだ耳慣れない「SDGs」ですが、「エス・ディー・ジーズ」と読みます。「Sustainable Development Goals」の略で、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」という意味ですが、これだけではまだよく分かりません。


SDGsは2015年9月に開催された国連サミットで採択された、言うなれば「世界共通の課題」です。人類が将来の世代にわたり恵み豊かな生活を確保できるよう、一人ひとりが自己認識をもって課題解決に挑むために設定されました。目標達成時期は2030年とされています。

詳しくは、外務省が作成した「「持続可能な開発目標(SDGs)」について」に記載されています。

 

17の目標と169のターゲット

SDGsには、17の目標と、目標を達成するための具体的な169のターゲットが設定されています。
貧困問題質の高い教育安全な水といった基本的なものから、近年日本でも話題に上ることが多くなったジェンダーレス問題、さらには環境問題世界平和まで、さまざまな課題が設定されています。


人類が、次世代に向けてよりよい世界を作れるように考えられています。先進国だけでなく発展途上国も、積極的な取り組みが求められます。

そして、目標毎に、平均10個のターゲットが設定されています。例えば、目標の一つ目「貧困をなくそう」に対するターゲットには、

「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。」

「2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。」

などがあります。目標と違って数値が具体的に設定されており、各国が実際にどのような取り組みを行えば良いかが分かりやすくなっています。

 

小学校で取り組めるSDGs

SDGsは「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓っていることもあり、子どもにとっても無関係ではありません。文科省は「持続可能な開発のための教育」を作成し、小学校でもこの課題に取り組めるような指針を示しています。実際に「ユネスコスクール」に登録し、SDGsに関する取り組みを行っている学校もあります。

17の目標のうち、「貧困」や「不平等」「実施手段」については、子どもたちが直接働きかけて解決することは難しいでしょう。ところが、「教育」「ジェンダー」「水・衛生」「イノベーション」「都市」「気候変動」「海洋資源」「陸上資源」「平和」については、子どもたちの日常生活の中から行える取り組みがあります。まずはSDGsに関する基礎的な知識を身につけ、一人ひとりが「我が事」として考えることが重要です。

 

どうやって小学校でSDGsに取り組む?

 

教科学習の中から位置付けを探す

子どもたちは普段意識していないだけで、通常の学習の中でSDGsに関連する知識を身につけています。
社会科で行われる食料自給率の話題からは「貧困」「海洋資源」「陸上資源」の話につながりますし、戦争や平和の話題からは「平和」目標について考えることができます。理科の「気候」単元は「気候変動」について考える入り口に最適です。

このように、通常の学習から一歩踏み込むことで、SDGsにつなげることができます。

 

総合的な学習の時間を活用する

「SDGsの基礎を学びたい」「もう少ししっかりとSDGsに取り組みたい」という場合には、総合的な学習の時間を用いることが多いようです。教科の枠に縛られないため横断的な学びになるほか、「ジェンダー」「健康・福祉」など、教科とは結び付けにくい課題についても取り組むことが可能になります。

さらに、計画の実施からその成果まで落ち着いて考える時間ができるため、子どもにとっても達成感を味わいやすくなります。小学校高学年であれば、グループ活動を通して自分たちの考えや行動の成果をまとめ、発表することができるでしょう。

 

教科や学年を超えた枠で実施する

学校全体としてSDGsに取り組むパターンもあります。学年ごとのレベルに応じた課題に取り組んだり、学年を超えた「縦割りグループ」で課題に取り組んだり、時には保護者や地域の方を巻き込んだ行動計画が立てられることもあります。

注意したいのは、SDGsで大事にされているのは、「成果目標」だということ。「こういう課題が見つかり、解決するためにはこうしなければなりません」というのは「行動目標」です。

実はSDGsの前身であるMDGsは、この「行動目標」が掲げられました。ところが、「こうしなければならない」だけでは、それは絵に描いた餅。実現は難しくなってしまいます。

そこで今回のSDGsでは、行動目標から一歩踏み込み、「だから実際にこういう行動を起こしました」「その結果こんな成果がありました」という行動もセットにすることが求められています。目標達成のために、一人ひとりが実際に行動を起こすことが大切です。

 

小学校で行われるSDGsで身につく力とは

 

世界へ目を向け、問題を発見する力

SDGsについて知ることは、世界の現実について知ることと同じです。
「貧困に苦しむ人がいる」「学校に通えない子どもがいる」「このまま地球温暖化が進めばいずれ人が住めない環境になってしまう」など、普段の生活からは考えることがない世界の問題へ目を向けることができます。

子どもの世界観を広げ、多様性を認める助けになるでしょう。

また、その中から問題を発見し、自分の生活に置き換える経験ができます。環境問題やジェンダー問題など、「自分がひとつの行動を起こすことで、社会全体を変えることができる」というように、自分と社会のつながりを感じるでしょう。社会の一員としての自覚を育むことが可能です。

 

必要な情報を自ら調べ、選択する力

情報化が進む現代、調べようとする意志さえあれば、さまざまな情報を集めることができます。「世界の人々はどんな食事をしているのかな?」「世界にはどんな自然があるのかな?」と興味をもって調べることからスタートしましょう。

もちろん、インターネットを使えば写真や動画を交えながら楽しく情報収集することができます。基礎的なパソコン操作やキーボード入力を覚え、ネットリテラシーを学ぶ良い機会にもなります。


ただ、情報が膨大になり過ぎるため、自分が本当に必要としている情報を取捨選択する必要があります。こういった経験も子どもたちにとって重要で、自分の目的に沿った情報のみを集める練習になります。

また、本を使った情報収集は信頼性が高まるため、従来通り行いましょう。

 

正解のない問題に立ち向かう力

SDGsは目標の数が多く、また内容が多岐に渡るため「これで達成!」というゴール設定が困難です。「自分たちの努力だけでは世界問題を解決することはできない」という葛藤が生まれるかもしれません。

ただ、「自分たちだけで完全な解決は困難だけど、自分たちが行動しなければ世界は変わらない」というのも事実。正解のない問題に立ち向かい、自分たちにできることを模索し続けましょう。

 

おわりに

以上、SDGsの基礎知識と小学校での取り組み、子どもに身につく力について解説しました。小学校での取り組みは必須ではなく、各学校の裁量に任されています。

また、学校だけではなく家庭でSDGsについて学び、それぞれができることから取り組むことも可能です。世界の問題に目を向け、国際感覚を養いましょう。

おすすめの記事