【SDGs 12.つくる責任、つかう責任】をわかりやすく解説!取り組み事例も


SDGsの掲げる17の目標の12番目に、つくる責任、つかう責任があります。

今回は、これの実現のためにどのような取り組みがあるかということについて、そもそもSDGsってなに?というところから紹介します。

 

動画でも3分で解説しておりますので、ぜひご覧ください!

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」はどんな内容?

 

まず、SDGsとは何のこと?

最近、見聞きすることが多くなってきたSDGs(エスディージーズ)、何のことかご存知でしょうか?

SDGsとは、2015年9月の国連総会において採択された

世界を変えるために2030年までに達成すべき17の目標持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、略称SDGs)のことです。

 

地球上の誰一人として取り残さない(No one will be left behind)」ということを理念として設定されました。

「グローバル・ゴールズ」と呼ぶことも多くあり、世界規模での目標とも言えます。

 

また、SDGsは、2000年9月にニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットで採択された国連ミレニアム宣言を元にまとめられたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals、略称MDGs)の後継でもあります。

保険、教育などに残された課題に加え、15年間に顕在化した課題の解決を目指しています。

 

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」のターゲット

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」とは具体的には何を指しているのでしょうか。

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」は「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」がテーマです。

このテーマを具体的にするターゲットは次のように11項目に定められています。

 

12.1 持続的な消費と生産に関する10年枠組みプログラム(10YFP)を実施し、先進国主導の下、開発途上国の開発状況や能力を勘案し、すべての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
12.6 大企業や多国籍企業をはじめとする企業に対し、持続可能な慣行を導入し、定期報告に持続可能性に関する情報を盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 持続可能な開発が雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業にもたらす影響のモニタリングツールを開発・導入する。
12.c 破壊的な消費を奨励する非効率的な化石燃料の補助金を合理化する。これは、課税の再編や該当する場合はこうした有害な補助金の段階的廃止による環境影響の明確化などを通じ、各国の状況に応じて市場の歪みを是正することにより行うことができる。また、その際は開発途上国の特別なニーズや状況を考慮し、開発への悪影響を最小限に留め、貧困層や対象コミュニティを保護するようにする。

 

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」が目標に設定される背景

今後20年間に、全世界でさらに多くの人々が中間層に加わる見込みが立っています。

個々人の豊かさの観点では喜ばしいことかもしれませんが、既に課題になっている天然資源の需要と供給のバランスが大きく崩れ、需要が増すことも指しています。

現在のライフスタイルを維持しようとすると、ほぼ3つの惑星が必要になるとも言われています。

 

しかし、3つの惑星を手に入れて生活するということはできません。

私たちの消費活動と生産活動のパターンに変化を起こさなければならない時代がやってきています。

 

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」の実践例

 

詳しい取り組み事例を知りたい方はこちらをご覧ください!

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」の取り組み事例6選!

SDGsをご存知でしょうか? SDGsとは、2015年9月の国連総会において採択された、世界を変えるために2030年までに達成すべき17の目標「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、略称SDGs)」のことです。 「地球上の誰一人として取り残さない(No one will be left behind)」ということを理念として設定 されました。 ...

 

日本における企業の取り組み

日本における取り組みは、外務省のJAPAN SDGs Action Platformにも多くのリンクが掲載され

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」についての事例は、こちらに企業名や組織、団体名のあいうえお順に掲載されています。

 

たとえば、リユース・リサイクルショップ運営をしているところでは、徹底的にリユース・リサイクルができるよう、リユース製品を買うことで二酸化炭素の排出をどのくらい抑制できるかを商品に掲示したり、日本国内では販売ができないものは、必要とする諸外国に輸出する仕組みをしています。

 

ホテルでは、フードロス(まだ食べられるが廃棄される食品)を削減する取り組みとして、バイキング形式の食事でもメインのお料理は注文後につくるようにし、フードロスが起きにくいものをバイキング形式にする工夫があります。

近年増えている、連泊のお客様にシーツ類の取り替え不要を促す取り組みも、有機洗剤の使用を減らすことにつながっています。

意外に思えるような取り組みをしている企業もあります。是非みなさんも掲載事例をご覧になってみてください。

 

自治体の取り組み

SDGsへの自治体での取り組みもあり、政府の公募の結果29の自治体がSDGsの達成にむけた優れた取り組みを提案したSDGs未来都市として選定されています。

特に先導的な10事業を「自治体SDGsモデル事業」に選定し補助金による政府支援も行われています。
(選定された自治体一覧等は、内閣府による報道資料「SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業」を認定しました(2018年6月)を御覧ください。)

 

●大阪府

大阪府は持続可能な社会を未来に受け継ぐ基盤となる環境関連のゴールを集約できるものであると捉え、大阪ブルー・オーシャン・ ビジョンなどのG20大阪サミットのレガシーを未来に生かすという観点から、SDGsへの取り組みを考えています。

●つくば市

つくば市ではSDGsの考え方を取り入れた持続可能都市ヴィジョンを公表しています。

目標12「つくる責任、つかう責任」への取り組みは、目標7や目標13とあわせ「循環と環境保全」をテーマとし、その評価指標として、地元農産物を地元で消費する地産地消レストランの認定件数を2018年時点では0件ですが

2020年に100件まで引き上げることを掲げています。

これは、地元の耕作放棄地などの問題削減や活性化とともに、フードマイレージの削減にもつながる取り組みです。

 

世界での取り組み

SDGsの目標12に対して、世界ではどのような取り組みがあるでしょうか。

 

国連では、健康で持続可能な食料の選択を通しての気候変動対策への参画を求める「フードチャレンジ」を行っています。

このキャンペーンには世界のシェフを起用していて、食品ロス・廃棄の削減を個人でもできるアイディアとして、服部幸應氏(学校法人 服部学園 服部栄養専門学校 理事長・校長)の考案したレシピの紹介もありました。

 

開発途上国で生まれる資源や製品を適正な価格で継続して購入し、生産者や労働者が生活の向上などを目指す貿易の仕組みとして、フェアトレードがありますが、

フェアトレードも「つくる責任、つかう責任」の目標達成に寄与するものです

欧州各国でのSDGs達成に向けて、国際フェアトレードラベル機構(Fairtrade International)は2016年3月に欧州委員会の戦略的パートナーに選ばれています。

 

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」を子どもが実践するには

 

学校での取り組み

学校では、普段の学習の中でSDGsと関連のあることを知識として学んでいます。

 

「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」に関わりが深いのは、生活や社会、家庭科や総合的な学習によるモノや食品を作るのに何が使われているかを学んだり考えたりすることではないでしょうか。

学校によっては、ユネスコスクールに登録していて世界中の加盟校と交流をしながら

持続可能な開発のための教育(ESD(Education for Sustainable Development))を通して、SDGsの先の社会の担い手となっていく子どもたちの育成をしているところもあります。

 

学校外の生活の中では、どうする?

SDGsの目標12.「つくる責任、つかう責任」に、子どもたちは個人でどんな取り組ができるでしょうか?

 

食べ残しがでないように、自分の食べられる量を把握して盛り付けるというのも、フードロス対策に協力できることのひとつですし、
使わなくなったデジタル系のおもちゃはリサイクルに出すことで、リサイクル金属の回収に参加することもできます。

落とし物によってゴミがでないように、記名するというのも子どもたちにもできる取り組みといえるかもしれません。

 

おわりに

以上、「SDGs 12.つくる責任、つかう責任」について紹介しました。

今のライフスタイルの維持に、惑星が3つ必要とまで試算されるようになった現代。

エコロジカル・フットプリント(人の生活が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値)をどう効果的に削減するかが求められます。

この数年で、一気に節分行事として全国に広がった恵方巻と、その膨大な廃棄量も問題になりました。

いつでも複数のお店で買えるような昨今の日本の環境というのは、消費量に見合わない生産をしているということと同義といえるのではないでしょうか。