【SDGs4.質の高い教育をみんなに】を解説!わたしたちがいま取り組めることとは?

SDGsが掲げる17目標のうちの4つ目は「質の高い教育をみんなに」です。身近な話題の「教育」について、SDGsではどのように取り上げられているのでしょう?今回は「SDGs 4.質の高い教育をみんなに」について、わかりやすく解説します!

動画でも3分で解説しておりますので、ぜひご覧ください!

SDGsとは?

 

読み方は「エス・ディー・ジーズ」。「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な開発目標」という意味です。SDGsは、2015年9月に開催された国連サミットで採択された、「地球上の誰一人取り残されない世界」を目指す国際目標です。地球上でおこっている社会問題、環境問題に対し17の目標と、169のターゲットが設定され、2030年までに達成するよう、期間が定められています。

動画でもわかりやすく解説していますので是非チェックしてみてください!

【SDGs.4 質の高い教育をみんなに】の内容と10のターゲット

SDGsの17の目標の中にある「4.質の高い教育をみんなに」とは、具体的にどのような内容なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ターゲット
4.1 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
4.2 2030年までに、すべての子どもが男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達支援、ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、手頃な価格で質の高い技術教育、職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.6 2030年までに、すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
4.a 子ども、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、すべての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b 2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、ならびにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国及びその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、質の高い教員の数を大幅に増加させる。

参照:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/sdgs_target.html

全体を通して見てみると、「誰一人取り残さない」という精神に則り、一貫した質の高い教育機会が誰でも平等に受けられるようにと目指すべき目標が掲げられています。発展途上国の教育の質向上についての記述も多いように感じますが、日本に住むわたしたちはどこに注目したらよいでしょうか?

地球規模の様々な問題の解決に向けて17の目標として掲げたSDGs。分野としては分かれていますが、それぞれの問題が複雑に関連しています。問題解決に向かうには幅広い専門知識を集結させて臨むことが必要となるでしょう。

4.7にある「全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。」とは子どもたちに将来SDGsの精神を持続させていくための教育が必要、ということです。つまり、わたしたちはしっかりと社会問題に関心を持ち、多様性を認め、自分にできることを行動に起こし、子どもたちに伝えていくことが求められているのです。そしてその社会を持続させていくために、子どもたちと一緒に、現在地球上で起こっている環境・社会問題を考えていくことが大切です。

現状の問題から紐解く!なぜ目標になっているのか?

「SDGs 4.質の高い教育をみんなに」では「ターゲット4.6 すべての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする」という目標が設定されています。

日本においては「義務教育無償化」はもちろん、識字率も100%と、すでに質の高い教育が実行されているといえます。ただ、世界の状況を見てみると、貧困に苦しむ子どもたちが数百万人以上いて、被差別集団出身であること、性別による教育格差、慢性的な紛争に晒されている子どもたちの多くが教育機会を失っています。全世界の若者(15~24歳)の識字率は男性90%、女性88%。まだまだ100%に満たない国が多くあるとともに、女性の方が識字率が低いという現実もあります。

「読み書きと簡単な計算」が最低限できれば、重要な情報を得たり、危険を知らせる文字を読むことができます。計算ができれば金銭的に騙されてしまうリスクを減らして犯罪や詐欺から身を守ることができるでしょう。自ら書いて発信したり、選挙で投票することもでき、仕事の選択肢を増やすことも可能になります。質の高い教育は、多くの命を守ることに直結しているのです。

参考:世界子供白書2016

SDGsの主人公はわたしたち

LGBTや発達障害、貧困問題を抱える子どもなど、様々な困難を抱えている子どもたちがいます。見た目だけでは本人の困りごとに周囲が気づかないケースも多くあります。「実はすぐ隣に困っている人がいるかもしれない」という意識を持ち、偏見や差別を許容しないことを子どものうちから根付かせていくことが、今後の「誰一人取り残されることのない未来」の社会を築いていくためにも大切ではないでしょうか。

「SDGs」の目標は開発途上国をターゲットとしている部分も多く、身近な問題に感じることが難しいかもしれません。ですが、「SDGs 4.質の高い教育をみんなに」という意識を持って周囲を見渡した時に、わたしたちができることはたくさんあると言えるでしょう。

身近なところにあるSDGs

SDGsの社会を目指して子どもたちとともに今から始められることはあるでしょうか?

現在国をあげて、学校だけでなく社会全体で子どもの教育を支える活動が根付き始めています。また、今後グローバル化や情報化、技術革新が急速に進み、未来の暮らしは予測できないものとなっていて、従来の学校の授業だけでは通用しなくなる可能性も指摘されています。学校の中だけではない、多種多様な学び方が今後求められていくことになります。

地域課題解決型の学習講座を受講または開催する

文部科学省では「学校と地域でつくる学びの未来」として、学校と地域がお互いに連携して子どもたちを支えていくことを推進しています。

文部科学省のHPでは「地域みんなの力で子ども達の未来を拓く」として、全国の取り組み事例が報告されていて、地域の人々による放課後学習支援や、部活動の支援、コミュニティスクール等、各地域によって様々な活動が根付いている様子を見ることができます。学校や子どもたちにとって有益なだけではなく、地域の人々がお互いに活動を通じて結束力を高めることにもつながり、結果的に地域愛を高め、災害時の共助や犯罪の抑制など、地域の活性化につながっていきます。

参照:学校と地域でつくる学びの未来「全国の取組事例」

企業側が直接学校に出向いて行う特別授業

企業、団体、大学側が、小中学校・高校等に出向いて専門的な内容の授業をする、という取り組みが各地で行われています。文部科学省では「企業等の教育プログラム」として、企業・団体などが、学校で出前授業をする活動を推進しています。文部科学省のHPには、学校で出前授業を行える企業・団体の情報を集約したポータルサイトがあり、750以上の企業・団体などが登録されています。学校側は目的に合った出前授業をしてくれる企業や団体を探し、授業を依頼。実際の企業や団体から来た「専門家」が授業を行うことで、子どもたちは生きた社会の知識を学び、企業側もSDGsやCSR(企業の社会的責任)を果たすことにつながり、会社の価値を高めることができます。多種多様な企業が登録されていて、授業内容も、「乳製品の会社によるチーズ・バター作り教室」、「カード会社による、クレジットカードの安全な使い方・キャッシュレスの知識について」等、多岐にわたります。

参照:学校と地域でつくる学びの未来「企業等による教育プログラム」

 

満足な教育が受けられない子どもたちに、私たちができること

子どもと一緒にSDGs4について学び、発展途上国の教育に困っている人々を支援しようとした時、募金や寄付をする方法があります。何を寄付するか、どこにいくら募金をするかを子どもと一緒に調べて、実際に実行してみることはとても勉強になるはずです。

例えば、使わなくなった不用品を全国から集めて資金化し、発展途上国への支援資金にしている団体があります。使用済みのプリペイドカードや切手、書き損じはがき、インクカートリッジや、末等当選の未換金の宝くじなど、様々なものが寄付の対象です。また、オリジナルのカレンダー等も販売されていて、購入金額は団体の国際協力活動資金に。大切な寄付金は、様々な支援に使われますが、紛争のために正規の教育が受けられなかったアフガニスタンやスーダンの子どもたちが識字教室に通ったり、補習の学校に行ったりするための費用としてなど、現地の教育環境を整えるためにも有効に使われています。

是非お子さんと一緒にSDGs教育の一環として募金や寄付の活動にも取り組んでみてください。

参照:日本国際ボランティアセンター

SDGs4の取り組み事例

 

現在、各企業でSDGsに貢献する様々な取り組みが行われています。

カンボジア各地で行われている成人を対象とした識字活動。授業は仕事後の夕方から行われるため、電力供給が不安定なカンボジアでは勉強するための電灯が必要でした。パナソニックでは、授業を行うためのソーラーランタンを寄付する活動をしています。また、ミャンマーでも公立学校に通えない子どもたちのために寺子屋が開かれていますが、こちらも夜間授業のため、寄付されたソーラーランタンが活躍。現地の教育を支えるための重要な取り組みです。

名古屋銀行では子ども達に向けて、名古屋フィルハーモニー交響楽団を招いてのチャリティコンサートや、名古屋グランパスコーチによるサッカー教室などを開催。地元の子ども達が、より質の高い芸術・技術に触れることができる機会を提供し、貢献しています。

このように、企業を挙げて教育分野にアプローチしていく姿勢が今後も求められていくでしょう。

【SDGs4.質の高い教育をみんなに】の、より詳しい取り組み事例はこちらをご覧ください!

 おわりに

「SDGs 4.質の高い教育をみんなに」の内容や実践例を紹介しました。

地球の未来を託すことになる子どもたちに、質の高い教育環境を整え、持続可能なより良い社会の仕組みを整えていってあげることは、今の大人たちの使命です。まずはSDGsの内容を学んで現実を知ることから始め、些細なことからでも、わたしたちにできることは何かを探り続けていきたいですね。

その他SDGsに関連する記事はこちら!

SDGsの17の目標を詳しく解説

SDGsの小学校での取り組みと身につく力

みらいいが家庭での教育についてお手伝いします

みらいいでは、家庭でできる教育の実践を応援しています!プログラミング教育やSTEM教育の基本的な情報から、親子で取り組める教材まで、役立つ情報を随時公開しています。ぜひ参考に、取り組んでみてくださいね。また、家庭で実践した内容やアイデアがあれば、みらいい公式アカウントまでコメントお待ちしております!