非認知能力を伸ばす習い事の選び方5選!気をつけたいポイントを解説

子どもの非認知能力を伸ばす方法として、習い事を考えていませんか?
しかし、習い事をさせたいと思う反面、
「どんな習い事が子どもの非認知能力を伸ばせるの?」
「非認知能力を伸ばせる習い事の選び方なんてわからない…」
と悩んでいるお父さん・お母さんも少なくないはずです。

そこで今回の記事では、非認知能力を伸ばす習い事の選び方を公開します。

非認知能力って何?と疑問に思った方はまずはこちらの記事をご覧ください!

習い事を選ぶ前にチェック!非認知能力とは?

非認知能力を伸ばすには、能力の概要についても知っておきましょう!

適した習い事を選ぶ前に、非認知能力とはどんな力なのかを解説しますので、チェックしてみてください。

数値化できない能力

非認知能力とは、偏差値やIQ、テストの点数などとは異なり、数値で表せない能力を指します。

以下のように、目には見えない能力が非認知能力だと言われています。

  • 目標に向かって頑張る力
  • コミュニケーション能力
  • 感情をコントロールする力
  • 新しい発想ができる力

 

こうした数値化できない力は、世界のあらゆる問題を解決するために必要だと考えられています。

対する能力は『認知能力』

非認知能力の反対に位置する力は、「認知能力」です。

<基礎的な知識や記憶力、判断力など知的な能力が認知能力に該当します。

偏差値やIQなど、数値で表すことができる力は、認知能力といえます。

子どもの非認知能力を伸ばすには親のサポートが大切!

子どもの非認知能力を伸ばすには、親のサポートが必要不可欠だといえます。

なぜなら、一般的に非認知能力の土台は3歳までに作られ、幼少期に身につけておくといい影響が続くといわれています。

そのため、子どもが幼いときに親がサポートして、非認知能力が鍛えられるよう促してあげるのがおすすめです。

非認知能力についてさらに詳しく知りたいお父さん・お母さんはこちらをご覧ください!