プログラミング教育のポータルサイトってなに?

 

プログラミング教育のポータルサイト、ご覧になったこと、ありますか?2020年に小学校で必須となるプログラミング教育ですが、どんな内容を習うのか、どんな教材を使うのかなど、気になることが山ほど出てきます。

新しい教科なだけあって戸惑う保護者の方は、多いのではないでしょうか?プログラミング教育のポータルサイトは、そんな戸惑いを払拭してくれる、便利なサイトです。早速内容を、チェックして行きましょう。

プログラミング教育のポータルサイトとは?

 

小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」は、文部科学省、総務省、経済産業省が連携して運営するポータルサイトです。様々な教育機関や企業等も関わって、小学校のプログラミング教育を、内容の濃い充実したものにしています。どのような教育機関や企業等が関わっているのかは、ポータルサイト内の一覧を見ることで、確認することができます。多くの教育機関や企業等が協力していることが分かります。

 

そして、実際にどのようなプログラミング教育が実施されているのかもチェックすることができますし、使われる教材についても、知ることが可能です。一言で「プログラミング教育」と言ってもとても幅広く、多くの方のイメージのように、黙々とパソコンに向き合ってプログラミングを行う、というものばかりではありません。

 

やはりほとんどが小学生向けなことを考えると、お子様が楽しくプログラミングに向き合って、学べる工夫がなされています。実際にプログラミングを行う授業もあれば、プログラミングされたツールを使って、例えば言葉や音楽などを学ぶ、という取り組みも実施されます。

 

小学校を中心としたプログラミング教育ポータルでは、実際に学校でお子様がどんな内容のプログラミング教育を、どんなツールやプログラミング言語を使って受けているのかを、確認することができるのです。

 

さくらのプログラミング教育ポータル

実はプログラミング教育のポータルサイトは、もう1つ存在します。北海道を中心とした、「さくらのプログラミング教育ポータル」です。さくらインターネット株式会社が取り組むプロジェクトで、2017年から運営されています。どちらかというと保護者向け、というよりかは教育関係者向けのポータルサイトのようですが、北海道在住の方には特に、参考になる内容が多いのではないでしょうか?

 

ポータルサイト内には、月ごとに出される「こどもプログラミング通信」やプログラミング教育に使えるソフトウェアの紹介、イベント情報などが盛りだくさんで掲載されています。こどもプログラミング通信では、プログラミング教育の動向や文部科学省からの通達、方針、教材などの紹介がされています。このこどもプログラミング通信は、石狩市教育委員会の方から各小学校の先生に配布されていますが、ポータルサイト上でも見ることができます。

 

ポータルサイトで紹介されているプログラミング教育のソフトウェアですが、子供たちは馴染み深いキャラクターが登場するものや、視覚的にプログラミングを組める「ビジュアルプログラミング言語」が使われているものがあります。これらは北海道在住ではなくてもインターネット環境とブラウザさえあれば使用できるものばかりですので、自宅でプログラミングにお子様と触れたい時に、参考にできますね。

 

プログラミング教育のポータルサイトに掲載されている学習の分類とは?

 

学習指導要領に記載してある内容でのプログラミング

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」には、6項目に分かれたプログラミング教育の分類があります。そのうちの1つが、「学習指導要領に明記してある内容でのプログラミング」です。

 

学習指導要領とは、文部科学省が定めた、学習の基準です。これがある事により、全国どこでも一定水準の教育が受けられるようになっています。各学校は、この学習指導要領に応じて、教育課程(カリキュラム)を決めているのです。

 

つまり、「学習指導要領に明記してある内容でのプログラミング」に分類されているプログラミング教育では、学習指導要領に具体的に、「この内容を実施しなさい」と記載してある内容を行うことになっています。

 

例としては、ビジュアルプログラミング言語のScratchを使用した「まちの魅力PR大作戦」や、同じくビジュアル言語のセンサー付き教育用車型ロボットを使った、「豊かな生活とものづくり」などが挙げられます。

学習指導要領の内容に沿ったプログラミング教育

次は、「学習指導要領の内容に沿ったプログラミング教育」です。前項のように、学習指導要領に具体的な内容は示されてはいないものの、学習指導要領に沿った内容を実施する、プログラミング教育です。

 

こちらは各学校ごとで内容が異なります。学習指導要領に沿って、各学校がカリキュラムを決めているからです。小学校を中心としたプログラミング教育ポータルで学年やプログラミング言語などを指定すれば、それに合ったプログラミング教育が表示されるようになっていますので、ぜひお子様の学ばれている内容を、確認してみてはいかがでしょうか。

 

カリキュラムの内容に沿って教科とは別に行うプログラミング教育

各学校が決めた学習のカリキュラムに沿った内容ではあるものの、各教科とは別で行うプログラミング教育もあります。ビジュアルプログラミング言語であるViscuitを使った楽しく学べるプログミラング教育や、障がいをお持ちのお子様の能力向上を目指したプログラミング教育が、行われています。こちらも、各学校で取り組み内容が異なります。

 

クラブ活動など、カリキュラム内で特定の児童を対象としたプログラミング教育

こちらは、各学校が決定した学習のカリキュラム内の内容を、クラブ活動などの場で実施するプログラミング教育です。授業で行うプログラミング教育とは異なり、クラブ活動などに参加するのは特定の児童となる為、1つの項目として分類されています。

 

学校で行うカリキュラム外のプログラミング教育

学校を会場として行われるものの、カリキュラム外のプログラミング教育です。実施するのは、各企業や団体などがほとんどです。各企業、団体などの特徴を活かした、バラエティに富んだプログラミング教育を、受けることができるようです。

 

学校外で学ぶプログラミング教育

学校の外で行われる、プログラミング教育です。探してみると、お住まいの地域で行われているものが、あるかもしれません。見逃さないようにしたいですね。

 

プログラミング教育のポータルサイトで分かること

 

プログラミング教育推進月間について分かる

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」には、「プログラミング教育推進月間」についての情報が、掲載されています。「プログラミング教育推進月間」とは、2020年のプログラミング教育実施に向けた準備を推進する期間として、ポータルサイト運営者である文部科学省、総務省、経済産業省が定めたものです。

 

直近では2019年9月がプログラミング教育推進月間として、指定されています。この期間内にプログラミング教育を行うよう、各学校に呼びかけているのです。また、協力企業と連携した、スペシャル授業の受付も、行なっているようです。保護者としては直接関われる訳ではありませんが、お子様の学校で行われるかもしれないプログラミング授業について、知っておいて損はないでしょう。

 

小学校でのプログラミング教育の研修教材について分かる

「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」を見る事で、小学校等で実施されるプログラミング教育に使われる、教員用の研修教材について知る事ができます。先生方がどのような教材を使ってプログラミング教育を考えているのかあらかじめ知っておくと、お子様のプログラミング教育の参考になるでしょう。主に使用される教材は、ビジュアルプログラミング言語のScratchやViscuitです。

 

Scratchとは、画面上に表示されているブロックを組み合わせて、プログラミングしていく無料のプログラミング言語です。アメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボが、公開しています。日本語でも使用できる上、主にマウス操作でプログラミングができますので、パソコンに不慣れなお子様でも、使いやすくなっています。

 

研修では、先生方がこのScratchを使って、「正多方形をプログラミングで作る」「ねこから逃げるプログラムを作る」という内容を、専用の動画等を見ながら、実施するようです。Scratchはお子様のプログラミング教育でも登場する言語ですので、この名前を覚えておくと、お子様との会話をスムーズに進められるかもしれません。

 

また、Viscuitは、Scratchと同じくビジュアルプログラミング言語ですが、文字を使わずにプログラミングできるので、なんと未就学児でもプログラミングができてしまう、という優れモノです。しかも、無料

 

好きな絵を画面上に描き、それを動かすだけでプログラミングができるのです。複雑な作業に悩まされず、好きなゲームを作ったりうごく模様を作ったり、お子様の想像力が、思う存分発揮できそうですね。

 

先生方はこのViscuitを使って、「たまごが割れたらその中からひよこが登場する」というプログラミングを作る事で、研修を行なっています。

 

おわりに

まだまだ分からない事が多い、プログラミング教育。現場の先生方ももしかしたら、戸惑っていらっしゃるかもしれません。そんな時はご紹介した、プログラミング教育のポータルサイトを活かして、一足先に情報をゲットしてしまいましょう。

 

もしお子様がScratchやViscuitに興味を持ったら、ご自宅で遊び感覚で操作してみるのも、良いのではないでしょうか?きっと、「早すぎる」という事はありません。遅かれ早かれプログラミングには触れる事になるのですから、もし可能なら今から慣れ親しんでおくと、お子様の学習がより、スムーズになるかもしれませんね。

おすすめの記事