そもそもプログラミング教育とは何?わかりやすく解説

 

小学校の授業でプログラミング教育が必修化となり、プログラミング教育とは何なのか、すでに調べた方も多いと思います。ですが、いまいちピンと来ない方も多いのではないでしょうか?私も、専門用語や難しい言葉での説明ではプログラミング教育とは何なのか理解できませんでした。

 

今回は、プログラミングという言葉に馴染みのない方にもわかりやすくプログラミング教育とは何なのかを徹底的に解説していきましょう。  

プログラミングとプログラミング教育とはどう違うかわかりやすく解説

プログラミングとはなに?

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

引用元:「プログラミング」(ウィキペディア)

わかりやすく説明すると、コンピュータを思い通りに動かすための一つ一つの命令のことです。

例えば、ジャンプするとき、膝を曲げて思い切り伸ばすといった動作を、私達は「ジャンプをしなければならないから膝を曲げて思い切り伸ばそう!」とは考えませんよね。

ですが、コンピュータで制御されているロボットは、その一つ一つの動作をプログラミングにより命令しなければなりません。プログラミングとは、コンピュータが正常に動作するための、順序立てた命令のことなのです

 

プログラミングとプログラミング教育とはどう違う?

プログラミング教育とは、コンピュータを制御するためのプログラミングを行うために、難しいパソコン操作やタイピングを子供に教えるということではありません。

わかりやすく言うと、プログラミング教育とはプログラミングのような順序立てた考え方を授業に取り入れるということです。プログラミング教育でのパソコン操作は、マウスのドラッグアンドドロップや数字の入力程度で、難しいものではありません。パソコンの簡単な操作を覚え、子供がパソコンに関心をもつことが目的なのです。

 

どうして小学生にプログラミング教育の必要なの?

プログラミングのように順序立てた考え方は、数学の証明問題に通じるものがあると考えます

証明問題では、一つ一つ順序立てて説明していき、最後に物事を証明するといった目標に辿りつきます。実際に算数の文章問題や図形を描く授業にプログラミング教育が取り入れられています。

 

また、パソコンの普及もプログラミング教育が必修化される理由の一つです。各家庭に一台パソコンがあるのが当たり前の時代で、パソコンを扱わない職種はほとんどないでしょう。子どもが小学生の頃からパソコンに慣れるためにも、プログラミング教育は必要なのです。

 

プログラミング教育とは何かを、実際に行われる授業を参考にわかりやすく解説

どんな教科にプログラミング教育は取り入れられている?

国語、算数、理科、社会、そして家庭科や音楽、図画工作に至るまで、さまざまな教科にプログラミング教育が取り入れられます

 

小学校のプログラミング教育で使われるビジュアルプログラミング言語とは?わかりやすく解説

パソコンを使い、命令をプログラミングする上で必要となってくるのがプログラミング言語です。しかし、プログラミング言語を入力して命令をするとなると、英語の知識やタイピングの技術が必要となります。しかし、ビジュアルプログラミング言語は英語の知識やタイピングの技術を必要としません。マウス操作と簡単なキーボード操作でプログラミングを行うことのできる言語なのです。

 

スタートボタンを押す、まっすぐ進む、右へまがる、止まる、などの命令ブロックを順番に重ねていくだけでプログラミングできます。小学校低学年の子どもでも簡単に覚えられます

 

ビジュアルプログラミング言語(ウィキペディア)

 

さまざまな教科で取り入れられるプログラミング教育とは

各教科で、どのようなプログラミング教育が取り入れられるのか、いくつか例を上げてみましょう

 

算数のプログラミング教育とは、「多角形をかく」動作をプログラミングを使って行います。長さ100進む、左に120度曲がるを繰り返し、三角形を描きます。その他、正方形や五角形では、曲がる角度を何度にすれば正しく書くことができるかを考えながら学んでいきます。

 

理科のプログラミング教育とは、人動くものを感知するセンサーで点灯するライトをプログラミングによって制御します。人との距離がどのくらいのときに点灯すればいいか、何秒間点灯させればいいかなどを考えながらプログラミングします。

 

音楽のプログラミング教育とは、様々な楽器のリズム・パターンをプログラミングし、まとまりのある音楽にするためにリズムを試行錯誤します。ゲーム・ミュージックなど、子どもに馴染みのある音楽もプログラミングによって作られています。鍵盤ハーモニカやリコーダーなどのアナログ楽器だけでなく、コンピュータを使った音楽も今後授業に取り入れられていくでしょう。 

文部科学省「小学校プログラミング教育の手引(第二版)」

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/11/06/1403162_02_1.pdf

 

家庭でもできるプログラミング教育とは?順を追ってわかりやすく解説

インターネット環境とパソコンがあれば、家庭でもプログラミング教育をすることが可能

自宅にパソコンがあり、インターネット環境があるのなら、子どもにプログラミング教育を体験させることができます。親子でプログラミングを体験することで、プログラミング教育に対する不安も解消されるでしょう。

 

プログラミング教育体験におすすめのサイト

 

「文部科学省:プログラミン」

http://www.mext.go.jp/programin/

 

ビジュアルプログラミングについてがわかりやすく紹介された動画もあり、プログラミング教育の入門におすすめです。自分で描いた絵を取り込んで動かせつのも魅力的です。

 「教育出版」
https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/textbook/shou/sansu/programing.html

 

算数で利用されるプログラミング教材が掲載されており、誰でも利用することができます。指導方法もわかりやすく記載されているため、自宅でプログラミング教育を体験する

のにおすすめです。

 

本格的なコードを使ったプログラミングに興味があるなら、プログラミング教室がおすすめ

子供を対象としたプログラミング教室どんどん増えてきています。プログラミング教育をきっかけにプログラミングに興味を持つお子様も多いようです。プログラミング教室でのプログラミングは学校で行うプログラミング教育とは違い、ビジュアルプログラミング言語だけでなく、教室によっては本格的なコードの入力なども習えます

 

また、ゲーム開発ややロボットのプログラミングの教室もあるので、子供が興味を持ったらプログラミング教室へ体験に行ってみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

以上、小学校で行うプログラミング教育とは何なのか、わかりやすく紹介しました。ですが、実際に体験してみることが一番と私は考えます。今回紹介したサイトを是非活用してみてください。

 

親子でプログラミングに触れることで、子どもの自信にもつながるはずです。