【STEM教育】日本の現状やSTEAM教育との違いをサクッと解説

 

日本では「STEM教育って何?」という 保護者の方がほとんどではないでしょうか。

今、世界各国で「STEM教育」という21世紀型の新しい教育が導入されています。

日本でもSTEM教育を普及させようとする動きが活発化しているんです!

 

今回の記事では、STEM教育の意味について説明し、日本のSTEM教育の現状を解説します。

STEM教育の準備を進めたい保護者の方はぜひ読んでみてください!

 

1.日本では普及前!STEM教育(ステムきょういく)とは?」

STEM教育とは、

 

Science(科学)

 

Technology(技術)

 

Engineering(工学)

 

Mathematics(数学)

 

それぞれの単語の頭文字を取った言葉です。

科学、技術、工学、数学の教育分野を総称してSTEMと呼びます。

これらの分野を総合的に勉強して、科学技術の発展に貢献できる人材を育てることを目的とされたのがSTEM教育です。

 

聞くと、「難しそう…」「うちの子に必要なの?」と思う保護者の方もいるでしょう。

科学、技術、工学、数学の勉強といわれても、瞬時に理解できませんよね。

この4つの分野の勉強とは、

 

  • 科学 = 観察、実験をもとに規則性を見つけ出すこと
  • 技術 = 最も適した仕組みや条件を見つけ出すこと
  • 工学 = 仕組みをデザインして、社会に役立つものづくりをすること
  • 数学 = 数量を論理的に使いこなしたり表したりすること

 

というようなことを学ぶことを意味しています。

科学、技術、工学、数学は、どれも科学技術に必要とされていて、お互いの分野が大きく関わり合っているのです。

実は、現在の技術開発は、これらの分野を総合的に学ばないと難しくなってきています。

そのため、STEM教育が世界各国で重要視されるようになりました。

 

しかし、STEM教育は、科学やIT技術に貢献できる人材を生み出すことだけを目的としていません。

STEM教育は、「自分で学んで、自分で理解していくこと」つまり、

「自分から進んで行おうとする力」

「新しい何かを考え出す力」

「判断力」

「問題解決力」

といった能力を高めていくことをベースに考えられています。

これらの能力を高めるのを可能にするのが、IT、コンピューター、科学技術です。

 

STEM教育の本質は、子どものころからパソコンでプログラミングをしたり、タブレットに触れたりといった経験を経て、国際社会における「価値の高い人材」「専門性の高い人材」

を増やすことだといえます。

1-1.きっかけはオバマ前大統領

STEM教育が浸透するきっかけは、オバマ前大統領でした。

バラク・オバマ前大統領は、2000年代に入り、自分の国に重要とされる教育対策のひとつとして、STEM教育を掲げました。

そのことをきっかけに、急激にアメリカ国内に浸透しはじめたのです。

オバマ前大統領は、STEM教育を発展させるために年間30億円もの民間投資を行いました。

30億円ですよ!

これだけの額を投資すれば、浸透しないはずありませんよね。

オバマ前大統領の「科学を本来あるべき地位に取り戻す」という熱意ある取り組みが、STEM教育をアメリカから世界へ広げていくことになったのです。

 

2.世界各国から日本へ―STEM教育のバリエーション

 

STEM教育には、さまざまなバリエーションがあります。

知れば早く子どもに学ばせたくなること間違いなし!

ここで、STEM教育のバリエーションについて説明していきます。

2-1.STEAM(スティーム)教育

STEAM教育は、STEM教育に「Art(芸術)」を加えた教育です。

STEM教育の考え方に、芸術の独創性や創造性を生かすことで、現実社会の問題解決力を育てることを目的としています。

2-2.eSTEM(イーステム)教育

eSTEM教育は、STEM教育に「Environmental(環境)」を加えた教育です。

生活環境や自然環境、産業環境など、身近なものから世界規模の大きなものまで、あらゆる環境分野を学ぶシステムになっています。

eSTEM教育の狙いは、科学技術の向上だけではなく、環境問題まで配慮できる人材を生み出すことです。

eSTEM教育が浸透すれば、明るい未来が見えてきますね!

2-3.STREAM(ストリーム)教育

STREAM教育は、STEM教育に「Art(芸術)」と「Robot(ロボット)」を加えた教育です。

今やAI技術の進化はめまぐるしく、人間に代わってロボットが仕事をする時代がやってくることが予測されています。

STREAM教育には、AIが苦手とするクリエイティブな分野や高度なロボット技術を学ぶことで、ロボットを使いこなせる人材を生み出すといった狙いがあります。

2-4.GEMS(ジェムズ)

「Great Exploration in Math and Science」の略称のGEMSは、数学と科学をメインとした体験型プログラムのことです。

子どもたちの柔軟な発想を引き出しながら観察したり、実験したりすることで、物事の中心となる重要な概念の理解力やコミュニケーション能力、自立した学習姿勢の向上を促します。

3.日本のSTEM教育の現状

 

日本のSTEM教育は、アメリカやシンガポールなどの新興国に比べて遅れています。

そんな日本では、STEM教育導入に向けてどのような動きがあるのか、見ていきましょう。

3-1.民間教育

STEM教育導入に向けて、民間教育では、

  • 2020年の小学校プログラミング教育必修化
  • 文部科学省によるスーパーサイエンスハイスクールの支援
  • 国際科学技術コンテストや科学の甲子園の実施
  • 中高生の科学研究実施活動推進プログラム次世代科学者育成プログラムなどの推進

 

といった取り組みが見られます。

3-2.STEM教育の研究機関や協会

STEM教育を日本で広めるため、さまざまな研究機関や協会が設立されています。

他にも、STEM教育プロジェクトという組織もあり、STEM Questというwebサイトで、STEM教育に関するイベントや教室などの情報を発信しています。

また、先ほど紹介したGEMSに関する機関「GEMSセンター」が公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)内に設置。

子どもたちの数学・理科嫌い対策や指導者としての考え方の伝達などの教育が行われています。

3-3.STEMスクールは増加傾向

STEM教育の教室は、日本国内で日に日に増加しています。

「近所にプログラミング教室ができた」と、身に覚えのある保護者の方も多いでしょう。

大企業のソフトバンクがSTEM教育に参入し、STELABO(ステラボ)」の全国展開を目標に掲げたこともあり、今後ますますSTEM教育を学べるスクールは増えていくと考えられます。

 

4.日本ではじまる前に!STEM教育に備える方法

 

現在はSTEM教育の導入が遅れている日本。

しかし、近い将来STEM教育は国内に普及していくと予測されます。

時代に取り残されないために、STEM教育に備える方法を紹介します。

4-1STEM教育ツールで遊ぶ

STEM教育に備えるために、STEM教育ツールで子どもと一緒に遊ぶことをおすすめします。

STEM教育ツールとは、プログラミングが学べるアプリやサイト、おもちゃのことです。

ゲーム感覚で学べるものから本格的なものまで、さまざまなSTEM教育ツールがあります。

遊びながら学べるなら、「プログラミングって何?」という子どもでも、気軽にSTEM教育に取り組めますね。

 

また、STEM教育ツールは子ども向けとは思えないクオリティのものがほとんどです。

大人もはまってしまう可能性大ですよ。

家族みんなで遊びながら、STEM教育に備えてみてはいかがでしょう。

4-2.ものづくりや科学に触れる機会を増やす

ものづくりや科学に触れる機会を増やすことも、STEM教育に備えられる方法です。

プログラミングは、自分のアイデアをコーディングして形にします。

つまり、ものづくりのひとつといえます。

STEM教育普及前からものづくりに触れておけば、小学校でプログラミング教育がはじまったときに、抵抗なく取り組められるはずです。

また、STEM教育では科学に重点をおいて学ぶことも多いため、科学の動画を見たり、科学実験イベントに参加したりすることも、STEM教育の準備として効果的ですよ。

 

おわりに

科学、技術、工学、数学を総合的に学ぶSTEM教育。

日本では普及前なので、意味すら知らないママさんは多いでしょう。

それくらいSTEM教育導入が日本で遅れているともいえますが、急激に普及されても「子どもは大丈夫?」「急にSTEM教育するとかいわれても…」と困惑してしまいますよね。

 

日本でSTEM教育を導入する準備が着々と進められている今だからこそ、保護者の方もSTEM教育について理解を深めていくことが大切です。

子どもたちとSTEM教育ツールで遊んだり、科学に触れたりして、STEM教育に備えてみてください!

 

おすすめの記事