検索

【プログラミング×音楽】小学校の授業では、どんなことをしているの?

プログラミング
【プログラミング×音楽】小学校の授業では、どんなことをしているの?

小学校の授業に浸透しつつあるプログラミング教育。とはいえ、音楽の授業でプログラミング、と言われてもイメージが湧きにくいのではないでしょうか。この記事では実際にプログラミングを取り入れた音楽の授業の実践例をご紹介します。
プログラミングを使った多様な学び方を通して、音楽に興味を持ったり、取り組みやすくなったりしている様子がおわかりいただけるでしょう! 
また、実際に授業で使用されたプログラミング教材についてもご紹介していきます。

プログラミングで音楽づくりに親しむ

DTM(デスクトップミュージック:音楽をパソコン上でつくること)という言葉もあるように、演奏や歌を自分でおこなわなくても、パソコンがあれば楽曲制作を楽しむことができる時代ですね。子どもたちは、従来の音楽の授業の内容に加えて、デジタルの音楽についても学んでいく必要があるでしょう。

音楽の授業にプログラミングを導入するメリットの一つが、試行錯誤を簡単に楽しめる、というところにあります。プログラムをしてすぐに試聴でき、色々なリズムや音のバリエーションも気軽に試せます。いじったり、試行錯誤をしたりする過程を、ティンカリングといい、自由な発想を引き出したり、ものの仕組みについて理解する能力を高めたり、新しいものを作りだす力が養われるとして、近年注目されています。

【音楽の授業×プログラミング】実践例

リズムをつくって動物を躍らせよう!【小3】

埼玉県の小学3年生の授業では、LOOPIMALというアプリを使用し、リズムを楽しむ授業がおこなわれました。
LOOPIMALとは、画面上にあるリズムのブロックを組み合わせて、リズムループをつくるアプリです。そのリズムに合わせて、画面上の動物のキャラクターが愉快な動きで踊り出します。(リズムループとは、リズムのパターンが組み合わされたものを、何度も繰り返した音楽のことをいいます)

▲出典:動物が楽しく踊るリズムループをつくろう

まずは即興で自由に色々なリズムを手拍子で作ってみたり、LOOPIMALを使ってリズムループをつくってみたりと、自由にリズムを表現することを楽しんでいきます。
手拍子やLOOPIMALで作成した内容から、リズム作りに関する法則性や仕組みを学んでいきます。その後、これまでの体験を活かして自分たちの思いや意図をもって、さらにリズムの並べ方を探っていきます。他のグループの作ったリズムループも聴きあいながら、良さや自分たちとの相違点などを学んでいきます。
【環境:タブレット、使用ツール:LOOPIMAL】
(参考:小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

和音の美しさを味わう【小4】

兵庫県の小学4年生はembotを使い、和音を可視化して特徴や仕組みを探る授業をおこないました。
子どもたちはすでに図工の時間などでembotの使い方は習得済みです。
音を鳴らし、同時にその音階の角度にembotが手を動かすようにプログラムしていきます。楽譜通りに音を鳴らして、手が正しく動くことを確認。メーターは分度器や三角定規を使い実際に描きました。

▲出典:B分類「和音の美しさを味わおう(和音のひみつを探ろう)」

まずは「ドミソ」の和音を一音ずつドレ見メーターで確認。それぞれが何度を表すかワークシートに記録していき、結果から和音の秘密を探していきます。子どもたちは音と音の間が40度ずつになる規則性に気がつきます。その後、実際に鍵盤ハーモニカで和音を弾き、音の重なりや響きを確認しました。


和音を可視化することで、和音の法則や特徴などに気がつくことができました。音符や楽譜が読める、読めないに関係なく、子どもたちが同じように一緒に取り組むことができ、思い通りに動いた時には思わず歓声が上がります!
グループで相談しながらできたこともよかったようで、音楽が苦手な子も試行錯誤しながら取り組むことができました。
【環境:タブレット、使用ツール:embot】
(参考:embot for education

ボーカロイドでハーモニーを楽しもう【小4】

奈良県の小学4年生の授業では、教育版ボーカロイドを使用した授業がおこなわれました。
まずはボーカロイドに「たなかせんせいこんにちは」としゃべらせてみます。基本的に「言葉を入力→鉛筆ツールを使いピアノロール画面に言葉を並べる」という作業でプログラムをしていきます。しゃべらせる、リズムをつける、音の高さを変える…などと色々と試すうちに、子どもたちは15分ほどで基本的な操作を習得してしまいました。

▲出典:リズム&ハーモニーを楽しもう!

 
子どもたちがすでに授業で親しんでいる“ズーリズム”という4人で異なるワードをリズムに乗せて同時に唱えるアンサンブルをボーカロイドでやってみます。

一人ひとつのワードを担当、リズムとワードを一人ずつプログラムしていきます。4つの音の高さを変えて、きれいなハーモニーができあがると子どもたちは大喜び!自分たちで歌うのとはまた違ったリズムを聴くことができました。
 
その後、全グループに同じコード進行が指定され、それに合わせて子どもたちがグループごとに音程と歌詞を決めてコーラスをつくりました。ボーカロイドは制作しながらすぐに試聴もできるので、自分たちの耳を頼りに試行錯誤しながら、子どもたちは力を合わせて曲を完成させることができました。休み時間を忘れてしまうほど夢中で取り組み、曲作りの楽しさに目覚めたようです。
【環境:タブレット、使用ツール:ボーカロイド教育版】
(参考:SMART EDUCATION SYSTEM by Yamaha

卒業式にオリジナルソングを!【小6】

静岡県の小学校6年生は、卒業式に自分たちが歌うオリジナルソングをつくる授業をおこないました。

▲出典:自分たちでつくったオリジナルの「学年歌」を卒業式で歌いたい!

 
まずはボーカロイドの操作を覚えるため、「せんせいこんにちは」という歌詞にメロディーをつけます。リズムやメロディーラインも意識して作成していきます。難しそう…と心配していた子どもたちでしたが、あっというまに操作を覚えてしまいました。
その後は歌詞作りです。3クラスがそれぞれAメロ、Bメロ、サビのパートを担当しメロディーが乗せやすいよう、1小節8文字以下で言葉を決めていきます。限られた文字数の中に、想いを込めていきます。

▲出典:自分たちでつくったオリジナルの「学年歌」を卒業式で歌いたい!

 
いよいよ担当パートのメロディーをつくっていきます。ボーカロイドで何度も試聴と修正を繰り返しながら、よりよい歌になるよう意見を出し合いました。グループごとに完成させたメロディーを、「歌いやすさ」「伝わりやすさ」をポイントに、アドバイスも受けながらさらに完成度を高めていきます。最終的にグループごとの歌を、クラス全員で聴きあいました。最終的にはできたものを集めて一曲にまとめ、5分を超える2部合唱の大曲となりました。
学校生活の集大成として卒業生が一つのものを作りあげ、卒業式を演出する。音楽的にもさまざまなことを学びながら、皆で協力し合った達成感や卒業式での感動も大きかったことでしょう。
完成した曲はこちらから聴くことができます!
【環境:タブレット、使用ツール:ボーカロイド教育版】
(参考:SMART EDUCATION SYSTEM by Yamaha

授業で使われていた小学生向けのプログラミング教材

LOOPIMAL(ルーピマル)

LOOPIMALは、自分の好きなリズムを作れるアプリです。
画面上のブロックを並べてプログラムすると、リズムに合わせてシロクマや鳥などの動物たちが踊りだすアニメーションが楽しめます。文字表記が必要なく、感覚的に楽しむことができます。

embot(エムボット)

ロボットプログラミング教材のembot。ダンボール製のロボットをつくるキットがあり、モーターなどの電子部品をはめ込みながら、工作の要領で組み立てます。色をつけたり、空き箱などを組み合わせてオリジナルのロボットにカスタマイズしたりすることも楽しめます。画面上の動きの指示が書いてあるブロックを組み立ててプログラムを組み、ロボットを動かします。
embot(エムボット)公式サイト

ボーカロイド教育版

歌詞とメロディーを入力すると歌声を合成できるシステムです。音の長さや高さも直感的に操作することができ、つくった歌もすぐに試聴できます。修正も簡単にできるのでグループで試行錯誤しながら曲をつくりあげていくのに適しています。

プログラミング教材は学校の授業を変える!

子どもは適応力が早く、好奇心旺盛です。プログラミング教材を使えば、今までよりも子どもが主体で学んでいくことが期待できます。
子どもの発想を引き出す魅力的な授業が展開されることに期待できますね!

関連記事