検索

【ギフテッド特集】いま話題!"ギフテッド"をあなたは知っていますか?

Pick Up
【ギフテッド特集】いま話題!"ギフテッド"をあなたは知っていますか?

「ギフテッド」という言葉はご存知ですか?近年では、テレビや映画などでギフテッドが取り上げられることもあり、「ギフテッド」という言葉を聞いたことがなかった方々にも知られるようになりました。

しかし
「ギフテッドってそもそもなに?」
「ギフテッドとはどんな特徴があるの?」
「うちの子ってギフテッドなの?」
と疑問に思っている方も多いようです。

そこで今回みらいいではギフテッドの特集を組みました!ぜひご覧ください!

ギフテッドとは?

ギフテッド(Gifted)は、贈り物を意味するギフト(Gift)が語源となっており、生まれつき突出した才能を授かった人のことを称します。ギフテッドは先天的な資質であるため、先取り教育などによってギフテッドに成長することはできません。

ギフテッドとは?について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
ギフテッドとは?ギフテッドな児童の現状

ギフテッドの子どもの特徴

ギフテッドの子どもの特徴には、例えば以下があります。

  • 乳児期から並外れた注意深さがある
  • 学習の飲み込みが早く、考えを素早くまとめられる
  • 優れた記憶力がある
  • 年齢に対し並外れた豊富な語彙力を持ち複雑な文章構成ができる
  • 単語のニュアンスや隠喩、抽象的なアイディアへの高度な理解力がある
  • 問題を解くのを楽しむ、とくに数字やパズルの問題が好き
  • 未就学児のうちに読み書きを独学することが多い


ギフテッドの子どもの特徴について詳しくはこちらをご覧ください。
ギフテッドの子どもに見られる言動 実際の例をご紹介

動画はこちらから!


ギフテッドの過度激動(OE)

並外れた才能を持つギフテッド。過度激動(Overexcitability:以下OE)という特徴が強く見られるケースも多くあります。

過度激動とは主に以下の5つの性質のことです。

  • 精神運動性OE
  • 知性OE
  • 知覚性OE
  • 想像性OE
  • 感情性OE

ただし、これらの性質は生まれつき敏感な感性を持つHSP(Highly Sensitive Person)注意欠如・多動性障害と呼ばれるADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の人々とも共通する場合があります。

過度激動についての詳細やギフテッドとHSP、ADHDの人々との違いについてはこちらの記事でご紹介しています。
過度激動(OE)とギフテッド。HSPやADHDに見られる特徴も

ギフテッドは遺伝する?判定テストはあるの?

ギフテッドはどうやって生まれるのでしょうか。子どもの容姿や得意なことなどが両親や祖父母に似るように、ギフテッドも遺伝するのでしょうか?それとも生まれてからの環境でギフテッドが育つのでしょうか。 また、「子どものギフテッドの可能性を知りたい!」という方もいるでしょう。

ギフテッドと遺伝の関係性、アメリカの小学校で用いられているギフテッドプログラムに入るための判定テストなどをこちらの記事でご紹介していきます。
ギフテッドは遺伝?環境?才能を見つける判定テストもご紹介

ギフテッド教育

そんなギフテッドな子どもに対し、アメリカでは、特別な才能を持って生まれた子どもたちを対象に、それぞれの学習能力や学習ペースに合わせた特別教育プログラム「ギフテッド教育」が行われています。生徒それぞれの学習能力や突出した才能に合わせたカリキュラムを進めていくことが、ギフテッド教育の大きな特徴の一つです。

それぞれの学習ペースを見ながら、学習レベルや教材を変えていく部分なども、決められたカリキュラムを同じペースで学んでいく通常のクラスとの大きな違いです。

ギフテッド教育に関しては詳しくはこちらをご覧ください。
ギフテッド教育とは?アメリカの実例を元にわかりやすく解説

ギフテッドの有名人

ギフテッドの有名人は著名人でもビートたけしさんや、所ジョージさんが有名ですね!ここでは、ギフテッドの有名人を紹介して、その方々から学ぶ「ギフテッドの子どもの育て方3選!」を紹介します。ギフテッドの子どもではなくても、大切な考え方ですので多くの保護者の参考となる内容です。

ギフテッドの子どもの育て方はこちらをご覧ください。
ギフテッドの有名人から学ぶ!ギフテッドの子どもの育て方3選

ギフテッドに対して理解を

ギフテッドの子どもは一見「変わっている」と思われるかもしれません。しかし、ギフテッドの特徴を知って、大きな才能を持っていると理解することで、一人の子どもが大きく羽ばたけるきっかけになります。

まずはギフテッドへの理解を深めて、大きな才能を潰すことなく、我々大人が子どもとコミュニケーションを取ることが重要ではないでしょうか。

関連記事