【みんな知ってる?】SDGsとは?17の目標の解説をまとめました!

SDGs・ESD
【みんな知ってる?】SDGsとは?17の目標の解説をまとめました!

2015年9月に国連サミットにおいて、「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されて以降、いろいろなところで、SDGsに関する情報の発信や、SDGsと関連する様々な取り組みが行われています。
しかしながら
「SDGsってそもそも何のこと?」
「具体的には何をすればいいの?」
「自分たちとはどう関係するの?」
などの疑問を持っている方も多いようです。
ここでは、SDGsの概略と、17の目標の概要を説明します。
17の目標についてさらに詳しく知りたい方は、各目標の解説記事、事例紹介記事、解説動画を用意していますので、是非参考にしてください。

SDGSとは?

SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連のサミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際目標で、「地球環境に配慮をしながら、世界の全ての人が平等に扱われ、平和な環境で経済的に自立している世の中を実現するための目標」の実現により、「地球上の誰一人取り残さない世界」を目指しています
さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。

SDGsとは?教育施設での活動事例と家庭できる取り組みを紹介

動画解説はこちらからもご視聴できます。


SDGsの主人公はだれ?

SDGsの主人公は皆さんです。皆さんのより良い未来のために目標を実現しようという取り組みになります。まずは、SDGsについて学び、SDGsを自分ごととして捉えてみてください。

持続可能な開発目標とは?

これからの世界で生きていく人々や生き物が安心して暮らしていけるように、今を生きる人々が、「社会」「経済」「環境」の3つの領域について考えながら進めていく目標のことです。
消費社会から持続可能な社会への変革を目指します。
さらに、発展途上国や先進国をすべての国と人類に共通した目標となります。

SDGsの17の目標とは?

17の目標は、
①貧困や飢餓、教育など未だに解決を見ない社会面の開発アジェンダ
②エネルギーや資源の有効活用、働き方の改善、不平等の解消などすべての国が持続可能な形で経済成長を目指す経済アジェンダ
③地球環境や気候変動など地球規模で取り組むべき環境アジェンダ
といった世界が直面する課題を網羅的に示しています。
SDGsは、これら「社会」「経済」「環境」の3側面から捉えることのできる17の目標を、統合的に解決しながら持続可能なよりよい未来を築くことを目標としています。また、17の目標と、そこから細分化された169のターゲットは、それぞれが独立して存在しているのではなく、それぞれが関連し、相互につながりあうものになっています。

SDGsの17の目標解説

以下の各目標のアイコンをクリックすると解説記事をご覧いただけます。事例紹介記事、解説動画も用意していますので、是非参考にしてください。

目標1.貧困をなくそう

目標2.飢餓をゼロに

目標3.すべての人に健康と福祉を

目標4.質の高い教育をみんなに

目標5.ジェンダー平等を実現しよう

目標6.安全な水とトイレを世界中に

目標7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

目標8.働きがいも経済成長も

目標9.産業と技術革新の基盤をつくろう

目標10.人や国の不平等をなくそう

目標11.住み続けられるまちづくりを

目標12.つくる責任つかう責任

目標13.気候変動に具体的な対策を

目標14.海の豊かさを守ろう

目標15.陸の豊かさも守ろう

目標16.平和と公正をすべての人に

目標17.パートナーシップで目標を達成しよう

おわりに

SDGsは世界的な注目を集めていて、小学校でも取り入れられ始めている教育の一つです。
是非この機会にSDGsに触れてお子さんとSDGs達成のために家庭でどんなことができるのか話してみるのも良いかもしれません。
SDGsに関してはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事